2007年09月16日

テニスコーツとか

渋谷ネストで、テニスコーツ、テープ、ミナモ。テープとミナモは共演作を出すだけあってずいぶん似通った印象で、どっちもドラムレスでギターの入ったアコースティック・エレクトロって感じ。終始淡々としているのも同じ。テープの方は時折音色やメロがきらめく瞬間があったりして、印象はよさげ。

テニスコーツもドラムレスで、鍵盤にギター2本にオルゴールみたいな音を出す人の4人という、なんかよくわかんない編成。そこにテープのメンバーが加わる。新作の感じそのままに、演奏面でのあれこれよりメロを聴かせる方を重視してるようで、即興パートになってもそんなにおおっという展開にはならず、終始静謐なたたずまい。それはそれでスジ通ってる感じはしましたが、スリルはちと不足気味って感じですか。

こういう隙間とか空間とかがバーッとあって即興主体の演奏って、聴き手側の想像力とか、どれだけ演奏の中に入っていけるかとか、そういう姿勢を問われるようなものだと思うんですね。聴き手側次第でツボにハマるかつまんないかが分かれるっていう。とすればこの日のおれは、寝不足で行って、終始立ちっぱなしで見る状況というのもあって、なんだかヌボーッと見てしまって、能動的に入っていくことができなかった、というか、しなかったんですね。そういうんで、なんかのっぺりした印象のライヴになっちゃいました。
posted by デンスケ at 03:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

山本精一ソロ

吉祥寺スターパインズカフェ。このライヴのことってすっかり忘れてまして、今日の夕方取材でPヴァインに行った時、担当者さんに「今夜山本さんのライヴあるでしょ」って言われてげげっ今日だっけって気付いて、あわてて見に行きました。やー、ボケボケ。担当者さんに感謝です。

ライヴは先月下北で見たソロの時と同じようなものかと思っていたら、全然違うんでビックリ。下北の時は爆音アグレッシヴ・モードだったのに、この日はユル〜いリリカル・モードって感じで、180度違うみたいな。ヴォーカルもMCもなんかやさしい印象で、「聴いてくれてうれしいです」とか言ってるし、歌もずいぶんとマジメに歌ってて、山精木訥ヴォーカル久々に炸裂って感じで。でも曲自体はスカムなフォークって感じの新曲いっぱいやってておもしろかったし、こういうゆるりとした日もまた良し、って感じでしょうか。
posted by デンスケ at 04:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

阪神10連勝

いや今日もすごい試合でした。最後はほんっとヒヤヒヤしましたー。一打同点まで行っちゃったから、生きた心地しませんでしたー。藤川なんか打たれそうな感じがアリアリで、なーんか昨日までとは違うヤバイ雰囲気があって、やっぱり連投しすぎで疲れ相当たまってるんじゃないですかね。まあ、あそこまで行って止められるところが藤川の強さともいえるんですが。今日までは巨人戦だから仕方ないとして、この後はちょっと休ませてあげたい感じですね。

しかし10連勝とか首位とかってより、この時期に巨人3タテはあまりにデカイですよ。もう3戦とも最後までドキドキの接戦で、ほんと疲れたけど、野球のおもしろさを堪能しました。
posted by デンスケ at 23:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

阪神首位

とうとう首位に立ってしまいました。5月の連休くらいの頃なんかあんなに暗黒どん底だったのに、よくぞここまで来たって感じで、もう感無量です。もし今年優勝したら、こんなにうれしいシーズンはないかも。ほんと阪神最高。つって明日負けりゃもうひっくり返るんだけど、今夜くらいは喜びに浸らせてくださいませって感じです。

にしても藤川全球ストレート、圧巻でしたねえ。昨日は試合終了後仏頂面だったのに、さすがに今日は満面の笑みでした。連勝って止まるとぶり返しが恐いから、適当に負けてくれた方が安心な感じはあるんだけど、ここまで来たらもう明日も勝って下さいってことでひとつ!
posted by デンスケ at 21:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

巨人戦

いやーよく勝った! 巨人ホームラン7本全得点ホームランで、阪神はシングルヒットと四球ばっかりでホームランは9回の桧山ソロのみっていう、こんなに対照的なのも珍しいって感じの試合でしたが、それで勝っちゃうんだから痛快ですよ。あれだけホームラン打たれても負けない、長打力全然ないのに勝てる。もう気持ち良すぎ。今日勝ったのはデカイ気がしますねえ。ターニング・ポイントっぽい感じがします。

にしても、明日勝ったら首位ですがな首位!一時は最下位だったのに!首位になったら泣きそう!ああっ勝っちゃったらどうしよう!明日東京ドーム行くか!?
posted by デンスケ at 22:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

中日戦

いやー今日はシビレましたー。すごい試合だったわー。よく勝ったわー。途中まで負けムード濃厚だったのに、このままズルズル3連敗かと思ったのに、8回無死3塁で1点も取れず、相変わらず細かい野球できない策なし岡田って感じだったのに、9回林も矢野もよくぞ打ってくれました。エライ! 藤川のラスト連続三振もエライ! 藤川最高!

ここんとこ勝っても負けても大味っぽい試合ばかりだったから、ほんと久々にドキドキしました。今年一番シビレた試合だったかも。
posted by デンスケ at 22:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

ヤクルト戦

を見てきました、神宮球場で。阪神戦を観戦するのはこれで二度目ですが、前回に続いてまた負け試合でありました。まだ阪神勝ったの見たことありません。昨日あんなにバカスカ打ったのに今日はからっきし打てないで、なんでおれが見に行くとこうなのよって感じなんですが。疫病神みたいっていうか。

しかも今日はレプリカユニフォーム・藤川タイプを購入して、気合い入れて応援したのに、おれまだ藤川が投げてるの見たことないんですよね。おれも「あと一人コール」やって六甲おろし歌いたかったのに! でもまあ、ユニフォームは大変お気に入りでほんのりゴキゲンなんですが。
posted by デンスケ at 00:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

山本精一+カオス・ジョッキー

11日、下北沢ベースメント・バー。最初に山本精一ソロ、途中からドラムス茶谷入ってカオス・ジョッキー。山本ソロはほぼ全編『なぞなぞ』モードの爆音弾き語り歌もので、こういうのはずいぶん久しぶりですね。以前よりもブチギレ度というか変態度が5割増くらいになってて、ギターも歌もすさまじくぶっ壊れてて、この上なく痛快でありました。特にギターの轟音ノイズ暴れまくりなプレイが最高。いやーこれぞ山精って感じ。9月にも弾き語りのライヴやるらしいし、歌いたい感じなんでしょうか。

カオス・ジョッキーの方は、8ビートの直線的ノイズまみれハードコアで押し切った、ってな感じで、まあこの2人でやる時の定番ですね。この名義って前回もちょうど1年前のお盆だったと思うんですが、夏になるとやりたくなるんですかね。毎日暑いからハードコアでスカッと!みたいな。

それと余談ですが、最後に出たイーヨ&イディオットというバンド、ドラムスが外山明なんですね。フリー・フォームっぽい演奏に女性ヴォーカルが乗った歌もので、そういう歌ものなのに主張しまくり脱線しまくり手数使いまくり、でもリズムはちゃんとキープしてるという、素晴らしいドラミングでありました。立ったり椅子に座ったり地べたに座ったりしつつ、自在に叩きまくっていて、この人はほんと全身リズムの洪水って感じですね。

しかしヴォーカルのイーヨって人がなんかもうどうしようもなくて、甘ったるい声で大してうまくもないフンイキだけみたいな人で、不思議ちゃん系になりそこなった元アイドルみたいな感じで、めっちゃ引きました。MCとか勘違いしまくりでウザイしさあ。まあそういうんで、いろいろありますなあ的ライヴでした。
posted by デンスケ at 00:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

山本精一+灰野敬二

4日、高円寺ショーボート。このデュオはかなーり前に三茶だかで見たことがあって、その時はわりとプリミティヴにノイズ・ギター+絶叫で奈落の底へ絶望一直線、ってな感じだったんですが、今回はワンマンで時間もたっぷりあるってんで、いろんな楽器使っていろんなことやってましたな。灰野の創作楽器?とか、アコギ使ったりとか、自分の声をループさせたりとか、絶叫だけじゃなくてちゃんとした歌ものもあったし。まあ手法は違っても結局たどり着くところは同じで、やっぱ絶望一直線って感じでしたけど。

山本さんも、こないだの芳垣デュオなんかとは対照的で、この人が相手だと闇の部分が猛烈に出るって感じですね。引き出されるっていうか。ノイズにしろ単音弾きにしろどうしてもダークな方へ行っちゃうんですね。ただ闇とかっていっても、なんかヌケがいいっていうか、どこかカラッとしてるっていうか、清々しい闇、みたいな印象。そのへん、今の山本さんの感じが出ていたってことなのかもしれないですね。

でねえ、灰野ってエゴが強すぎると思うんですよ。いやそんなことは今さらなんですけど、この人からエゴ取ったらなんも残らんと思うんですけど、こういうデュオだと殊更に強くそれを感じるなあと。相手のこと考えていないっていうんじゃなくて、相手がいるっていう意識はあると思うんですが、無意識レベルでどうしてもどんどんエゴが出ちゃうんでしょうね。ライヴの最初の頃は対等くらいだったのが、進んで行くに連れてどんどん灰野のスペースとか存在感とかがでっかくなっていっちゃって、最後の方はもう「俺だ俺だ俺を見ろ」状態になっちゃって、もう誰のライヴだかよくわからんっていうような。演奏自体は別に悪いわけじゃなくてしごく良かったんですが、そういう灰野の特性を改めて認識した、って感じですね。

しかし、アンコールに山本ギター、灰野ヴォーカルのみでやった歌ものは、そうじゃなくて完全に対等だったと思いますね。山本さんのブチギレ・ノイズと、灰野の水谷孝風な怨念系ヴォーカルとが、実にぴったりと絡み合ってて、この1曲は素晴らしかったです。ほんと最高。終了後客席から「あんなんだったらもっと聴きたかった」なんていう声が聞こえましたが、同感ですね。まあそういうモロモロで、大変楽しめたライヴでありました。
posted by デンスケ at 22:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ONJO

3日、新宿ピットイン。この名義は昨年秋以来ですが、あの時は浅草だったから、ここで見るのはずいぶん久しぶりな気がします。

この日は8人編成で、前半も後半も、アンサンブルという概念を極力入れずにやってるみたいな感じ。特に前半は2〜3の楽器が鳴ってまた別の楽器に移るという、ポツポツした音の響きを繰り返していって、やがてそこにサイン・ウェイヴとかギターのフィードバックとかがって入ってきて、なんか「点と線」みたいなイメージといいますか。「持続と非持続」って感じ。新機軸というほどはっきりしたものではないけど、これまでにない手触りもおぼろげにある、というような。そういうんで大変興味深い演奏でした。

後半はわりとこれまでっぽい感じだけど、最後の曲で大友が指揮を執っていて、これがスピーディーにビシバシ指示してて、めっちゃスリリングでおもしろかったです。やっぱこの名義はラジカルな意志みたいなものがずっと漲ってて、聴いてるとゾクゾクしますね。新作のライヴ盤2種を買って帰りました。
posted by デンスケ at 01:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

あふりらんぽ新作

今聴いてるんですが、ううーんこれはヤバイ、かなりイイんじゃないでしょうか。バンド・サウンドに固執せず好き勝手にやってる感じとか、全編鼻歌っぽいのほほんなヴォーカルとか、なんかもうツボ突きまくり。なんつっても後半の、「スーパーアー」の頃のボアみたいな大地のうねりぐわわわーん的な演奏に、2人のキャッキャした掛け合いがのっかる、ってな曲がすさまじく良いです。これまでで一番いいですね。やっぱりあふりはすごかった、ってな感じですか。

全然関係ないけど昨日女子バレー見まして、栗原恵があまりにケバくなっててガックシなんですけど。なんですかあの髪の色は。あんま笑わなくて気取ってる風なのもヤな感じだし。木村沙織を見ろ! あの天真爛漫さを! つってどうでもいいかそんなこと…。
posted by デンスケ at 01:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

帰宅しました

今朝苗場を出て、昼頃帰宅しました。今年は新鮮とまでは言わないまでも、まあ粒ぞろいな感じのラインナップだったし、新しい発見もいくつかあったし、ライヴ自体もいいものが多かったと思いますね。雨が最小限程度だったことも含めて、近年のフジロックではかなり充実していた方だったんじゃないでしょうか。やっぱり最高に楽しい3日間でありました。会場でお会いできた方、一緒に過ごしてくれた方、どうもありがとうです。来年もまた苗場で会いましょう。

毎年のことですが、フジ翌日はどうにも使いモンにならないって感じで、ボチボチ仕事しないとヤバイのに、頭も体もなかなか元に戻ってくれません。とりあえず今年のベスト・アクト。良かった順に、ヴォアダムス、オマー・ロドリゲス・ロペス・グループ、ヨ・ラ・テンゴ、!!!、ディアフーフ、ジョン・バトラー・トリオ。
posted by デンスケ at 17:36| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

石橋+吉田、突然段ボール

東高円寺UFO CLUBで、石橋英子+吉田達也、突然段ボールその他。

石橋+吉田のライヴは初めて見たんですが、いやあ、素晴らしいですね。変拍子とか複雑な構成の曲がほとんどなのに、両者の呼吸がものの見事にピッタリ合ってて、まったくズレることがなくグイグイ爆走って感じで、圧倒されました。アイコンタクトなんてまったくしてなくて、双方とも自身の演奏に集中している風なのに、あれだけ噛み合って、音としてもちゃんとひとつの音になってるというのは、ちょっとすごいですね。もうずいぶん一緒にやったからなんだろうけど、それ以上に相性がいいってことなんでしょう。

そういう一体化した音になりつつ、それぞれの音そのものはまぎれもなく各人の音になってるという、自己主張とか個性とかが明確にあるというところが、このデュオの良さだと思いますね。妥協とか譲歩とかというのがあまり感じられない、みたいな。

特に石橋さんのピアノ、現代音楽っぽくなったりクラシックになったりポップス風になったり、それがドドウのスピードでどんどん出てくるって感じで、ほんとおもしろいです。可憐さと変態さが一緒になってるみたいな感じといいますか。そういうのを終始うつむき加減の無表情でやるっていうのも、またたまらんって感じで。うーん石橋さんヤバイ。終了後物販で売り子やってるっなんつうのがまたヤバイって感じで。

突然段ボールは2年ぶりくらいに見たんですが、今のライヴは蔦木俊二の両側に女性コーラス2人って形になってるんですね。じゃがたらあるいは渋さってな感じですか。しかもそのコーラスが振り付けを無表情のまま黙々踊るという、ロボット的な動きで通していて、それがシュールというか非日常的で、このバンドの「なんかヘン」な感じを増幅しているとでもいいますか。いや大変おもしろかったです。
posted by デンスケ at 00:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

マヘル、シェシズ

国分寺モルガーナで、マヘル・シャラル・ハシュ・バズとシェシズ。「昭和58年国分寺」というタイトルが付いていて、両バンドとも80年代前半当時のメンバーでやる、というような趣向。

マヘルはフリー・ジャズっぽい曲をいくつかやって、それが通常より混沌度及び即興度5割増といいますか、パンク寄りな感じでかっこよかったですね。まあメインはいつもの通りで、1曲5秒とかをダラダラやり続けるって感じでしたが。それとなんつっても「夏」をやったのがビックリ。この曲のライヴなんて初めて見ましたよ。それも5〜6人だかの管楽器隊で哀愁メロがぶわーっと迫ってくるって感じで、いやもうゾクゾクしたというか鳥肌モノというか。これを聴けただけでこのライヴに行った価値がありました。

シェシズはずいぶん久しぶりに見ましたが、寂寞としたメロディーの歌とサイケな即興演奏という感じ。向井千恵の二胡がドローンっぽくなるフリーな曲だと初期ヴェルヴェッツを思い出したりして、けっこう新鮮でした。

しかし両バンドとも、ムカシなモードというテーマがあったからなのか、それとも国分寺という地元的な場所だったからなのか、本来のアンダーグラウンド臭さみたいなものが強烈に漂っていましたな。もうムンムンに。このハコの狭くて薄暗くて、しかも冷房効かないらしく終始汗だくで見ていたというシチュエーションも、その臭さにピッタリ合致していて、ちょっと最近ではあまりない感じのライヴでした。
posted by デンスケ at 03:09| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

少年ナイフ

渋谷クアトロ。ワンマンは初めて見るんですが、いやー、フレッシュですねえ。メンバー全員ずっと笑顔で楽しそうで屈託がなくて、ほんと鮮度ありまくりって感じで、結成25年にしてこの鮮度はちょっとすごいんじゃないでしょうか。なんか独特のほのぼの感みたいなのが終始漂ってて、特にアンコールでやった、ディスコのカラオケをバックに3人が振り付けで踊りながら歌うヤツなんか最高。学芸会チックなのほほーんとした感じで。

ひと月ほど前に取材した時、その日は5〜6本だかの取材が入ってて、しゃべってばっかりで大変ですねと聞いたら「いやー全然。みんなにチヤホヤされてうれしいし」とか言ってて、そんな風に言えるのってすごいかもって思ったんですが、そういうところにこのバンドの強みがあるような気がしますね。単純にバンドやってて楽しい、みたいなのをずっと保持している(ように見える)ところがね。

音楽的にはさして変化していないし、特にライヴだと金太郎飴的なところは否めないと思うんですが、どの曲もメロディーがめちゃくちゃいいからずっと聴いていても飽きないんですよね。明るくて爽やかでポップなんだけど甘酸っぱい感じも入ってるという、ツボを絶妙に突くメロディーだから、ついつい引き込まれてしまうって感じで。後味スッキリないいライヴでした。
posted by デンスケ at 04:17| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

巨人戦

いやーすごい試合でした。5回頃から見てたんですがめっちゃ疲れました。点入らなくてイライラしっぱなしだったのに、12回に桜井3ランでボンと3点も入ったと思ったら、その裏に2点取られるなんちゅう超スリリングな展開になるとは。最後までヒヤヒヤしっぱなしで、今日の主役はある意味ダーウィンかもしれん。

今日は当日券あるってんで、試合開始までに原稿終わったら見に行こうと思ってて、でも結局原稿終わったのが8時頃だったからヤメにしたんですが、うーん、行っていたら超当たりの日でしたねえ。ちょっとクヤシイって感じですね。

しかし岡田、今日はよくぞ今岡をスタメンから外してくれました。それが一番エライ。今のコイツって阪神の疫病神だからさあ。チャンスで全然打てないし併殺やたら多いし、そのくせどうでもいいところでたくさん打って一応打率3割前後っていう、チームにとっちゃ一番どうでもいいヤツですよ。コイツとシーツは今年はもういらんから、帰ってこなくてよろしい。今日の赤星→坂→鳥谷で6番桜井って、今年の打順じゃ一番いいですね。もう今年は最後までこれでいいっすよ。明日は甲子園だー!
posted by デンスケ at 00:33| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

77BOADRUM

ようやくYou Tubeにたくさんの映像がアップされるようになって、まあ1分以下の短いのとかやたら多いし、長くても断片的でどの部分なのかよくわかんないとかって感じではあるんですが、その断片をかき集めて、なんとなくぼんやり見えてきました。いつもやってることを基本としつつ、全員でハイハットから全員タムに移行する和太鼓な感じ→「スーパー・ナウ」っぽいドンドコドンドコな土着的ビート→「スーパー・ゴー」的ビートを全員でやって大地から湧き上がるがごとくドッカーン、みたいなところでしょうか。

個人的にはドミノ倒しみたく、77人順番にドコドコドコドコ…ってなってって最後にジャジャジャーン、ビャヤヤーン、ボアダ〜〜〜〜ムス!!ってなものかと思っていたんですが、そういうのはやったんですかね、今んとこわかんないんですが。とにかく全貌がわからなくてなんとも地団駄な感じではあります。

しかしこんなに見晴らしのいい、のんびりした公園でやったんですね。しかも日中だからなのか客もホリデイな感じといいますか、「なんかやってますなあ」的な人多いし、雰囲気もレイヴ的キノコ臭さとか微塵もなくて、ずいぶんとまったりというか健康的な感じ。ドラマーの方もユルいというか「うひゃーオモロイ」って楽しんでる風な人多いし。意外というかそこがまたおもしろいというか。

見ていて思ったんですが、ここ数年のEYEって結局これが一番やりたかったことなんでしょうね。今のモードになってまずフジロックで打楽器7人というのをやってるわけだし、今の3人というのもライヴをやる現実的なところで組んだようにも思えるし。打楽器だけのアンサンブルというのを突き詰めていくと、こういうところに行き着くのは彼なら自然という気がします。で、これでスッキリしたのか、またやってみたいのか、はどっちなんでしょうか。
posted by デンスケ at 19:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

ライヴ・アース

原稿遅れまくりで、ニューヨークはおろか都内のライヴも行けませんって感じなんですが。まあテレビくらいはってことで、仕事しながらライヴ・アースの中継チラチラ見ておりました。京都が残りYMOだけになって、よっしゃガッツリ見ようってところで、いきなし幕張のリアーナとかって人が始まってそれが延々終わんない。9時過ぎてもまだ終わんない。15分頃YMOやっと出たと思ったら2曲でおしまい。なんじゃこらってんで非常に腹立ちました。司会の寺岡呼人とか黒木某とかの壊滅的に意味のない会話も、その立腹に追い打ちみたいな感じで。こういうのっていつもそうだけど、なんで普通にやってくれないんですかね。いろいろあるんでしょうけど。

YMOは実際の演奏も4曲と少なかったそうですが、「ライディーン」をあんなに生な感じでやるとは、びっくりというか、幸宏のドラムとか、なかなかグッときました。さてポリスはいつ出るんでしょか?
posted by デンスケ at 23:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

内から外へとぐろを巻いた蛇のように

http://www.viceland.com/77boadrum/

「77の5ピース3シンバル編成のドラムは、内から外へとぐろを巻いた蛇のように螺旋状に配置され、BoredomsのドラムとEYEの電子楽器は一段高くなったステージ上に置かれる。74人のドラマーが参加し、その内の10人はキュー出しをするドラムリーダーも務める」

ボアコミュからのコピペですが、ああっ、この配置図見てたら仕事してらんなくなりました。しかも演奏時間まで77分とな! ああっ、見・て・え・な・あ〜〜〜〜。やっぱニューヨーク行きたいわー。つってスケジュール的にどう考えても無理だからあきらめたはずなのに、こういうの見ちゃうと心は千々に乱れまする。You Tubeで出回るだろうから、それでガマンですか…。くやしいからせめてエゾ行きたいです…。
posted by デンスケ at 04:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

フリクション

恵比寿リキッド。約1年ぶりですが、1年前とさほど大きくは変わっていないという印象。ただ「サイクル・ダンス〜ギャッピング」とか「イキギレ」とかの、非8ビートのよりグルーヴィーなリズムの曲だと、2人が組んずほぐれつ絡み合いながらグルーヴを作っていく、みたいな構造で新鮮でした。うねりながら転がっていくって感じで。

ひとつ思ったのは、レックって出てくるだけで空気が変わるとか緊張感みたいなものがバシバシ伝わってくるとか、そういうものがこれまでは必ずあったんだけど、この日はなんかそれが希薄だったような気がしたんですね。ライヴ中フッと我に帰った時“あーこれレックが歌ってるんだっけ”みたいなこと思っちゃったりして。要するにオーラみたいなものが以前ほどではなかったというか。すごく感覚的なことなんですけど、自分にとっては重要なことでもあるわけで、なんかそのへんで考えたりしてしまいました。

終演後は小野島さんたちとジンギスカンで飲んで、大変おいしく楽しかったです。
posted by デンスケ at 08:39| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。