2008年04月19日

ブッダ・マシーン

さっき取材がひとつあって、その帰りに新宿タワレコに寄って、前から気になっていたブッダ・マシーンというものを買いました。iPodを思いっきりチープにしたような小型ラジオっぽいプレイヤーの中に、FM三という中国のユニットの手による楽曲が入ってるというものですね。日本には数年前から入ってきていたらしいし、タワレコにもずいぶん前から置いてあったので、今頃買ってるのはだいぶ遅いっすね。

音は瞑想系アンビエントといいますか、みょわーんって感じのシンプルなエレクトロニクスが延々ループしていくだけなんですが、まあ妙に心地良かったりして、悪くはないです。なによりこれ、音源をこういう形でリリースするというアイデアがいいですよね。安っぽいおもちゃ感がありまくりで、iPodをおちょくってるみたいに思えるし、このプレイヤーでこの音しか聴けない、この音はこのプレイヤーでしか聴けない(コピーとかできない)という、これだけで完結しちゃってる「無駄な感じ」がなんか痛快なんですよね。持っててウレシイ感もほんのりとあるし。

あとパフュームの新作も「DVD付き限定盤店頭在庫のみ!!」の文句に負けて買いました。ああ、「限定盤」という言葉は魔力なり…。うーんパフューム、前からそうなんですが、写真見ても映像見てもどうにもルックス的にグッとこないんですよね、おれは。でもあのアンドロイド感というかヴァーチャル感がたまらんという感じはありますね。
posted by デンスケ at 02:54| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。