2005年11月09日

ROVO2デイズ

 5日と6日、恵比寿リキッド。5日は旧曲中心だったが新曲が1曲。これが変則ファンクって感じの曲で、ミニマルにじわじわ攻める感じでなんともエロい。ROVOで初めてエロとか色気とかを感じました。6日はこれも新曲の40分の組曲をやって、こっちは“シルクロード巡礼”みたいなイメージで、難行苦行を経てやがて光の海に達する、とでもいうようなストーリー性のある曲。総じて両日ともジャム色が濃く、かつスピリットを前面に出したハードな演奏、という印象。

 チャイナさんのことですが、話を聞いてから(最初に伝えてくれた方、どうもありがとう)、無性に腹が立ってしょうがないです。語弊があるのは承知だけど、死にゃあいいようなヤツなんて世の中にゴロゴロいるじゃん。そういうのがのうのうと生きていて、なんであんないるべき人がいなくならなくてはいけないのか。おれにはわからんよ。神も仏もないのかよ。くそったれが。
posted by デンスケ at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。