2007年11月26日

ROVO〜アンダーワールド

24日ライヴ2連チャンで、まず恵比寿リキッドでROVO。新曲中心のセットでしたが、その新曲は概して展開の少ない、平坦っぽい曲が多かったですね。なんか「展開しちゃダメ!」みたいな、一個のアイデアで押し切っちゃうような感じで。特に山本さんのファンキーなギターをメインにした、ミニマルでアンビエントな感じの曲がツボでした。アルゼンチン一派とのライヴ以降、こういう曲が増えたような気がしますが、個人的にはそれが新鮮でしたね。

終了後幕張へ移動、幕張メッセでアンダーワールド。つうかこれはもうエレグラですよね。わたしゃエレグラ好きでしたから、お祭り気分で見に行きました。アンダーワールドはおととしだかの3時間ライヴでずいぶんガックシきた覚えがあるんですが、今回は良かったんじゃないでしょうか。前半の新作からのセットが、新作特有のストイックでダークな匂いを放ちつつ、ちゃんとグルーヴ強化してダンサブルでもあるといういい塩梅で、なんか無理してない感じがして、すんなり入っていけたんですよね。今のあの人たちのリアルな感じなんだろうなと思うし、あの新作をこういう大会場でやるというところでも、実に絶妙な落としどころだったんじゃないかと。

まあ後半は例によって至福感ありまくりの大団円でしたが、それもけっこうフツーに楽しめたりしました。カール・ハイドのパフォーマンスも、以前に比べると幾分切れ味鈍り気味な感じは否めないものの、それでもこの人が元気に動き回っていると自然と楽しくなりますね。たぶん近年のこのユニットでは一番良かった気がします。

4時過ぎには帰ったので、全体の半分くらいしか見てないんですが、ステージひとつしかないし、音楽的にもそんなに幅ないし、実際はやっぱエレグラとは違いましたね。まあ気分だけ楽しみましたって感じでしょうか。うーん、またエレグラやんないかなと思うんですけど。
posted by デンスケ at 06:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

2000年の発見 Underworld (アンダーワールド)
Excerpt: Underworld (アンダーワールド)は個人的に2000年代(10年単位)もあとわずか残ってはいますが、間違いなくロック、テクノ、ハウス、ブレイクビート、などなどに影響を与え時代を築いたベストアー..
Weblog: オーディション
Tracked: 2007-12-09 17:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。