2007年11月24日

リミエキとか

下北沢ベースメントバーで、リミエキとかズボンズとかフォーク・イナフとかいろいろ。リミエキは復活してから初めて見たんですが、前より複雑な構成が多くなってるかもとか、ベースうまくなってるかもとか、ユカリの早口ラップの曲が増えてるかもとか、そういう新しい印象がチラホラと。まだ構築途上というか模索中な感じはしましたけど。でもこのバンド特有の元気なところとかガーッて行く快感とかはそのままで、ああこの感じ、みたいなのは確実にありました。

それと最後に出たズボンズがね、やっぱグッときちゃうんですよね。音楽的にはしごくマットウなロック〜ファンクなのに、あんなにどす黒くてぶっとくて濃厚な音になるっていうのは、なかなか出せるもんじゃないと思いますね。一体感とかアンサンブルの良さとだけで押し切っちゃってる感じ。そういうところで、ちょっと!!!に通じるものがあるような。音楽性は違うけど、音像の感じとか有り様がすごく近いと思うし、落としどころが結局はロックだろ、みたいなところとか。そう思うと!!!のアホらしさとかユーモアとかはズボンズにはないから、こっちはちとマジメすぎるのかも、とか思ったり。でもほんと憎めない、いいバンドだと思いますね。
posted by デンスケ at 02:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。