2007年11月18日

山本精一+サム・ベネット

六本木スーパーデラックス。山本精一+サム・ベネットでデュオやるのかと思っていたら、まず山本さん一人で出てきて歌い始める。したらそれが、エフェクター全部フルテンにしたみたいな超爆音ギターで「もういくつ寝てもお正月、なんて来ないんじゃ!!」とかって絶叫したかと思ったら、マイクだの譜面台だのなぎ倒して暴れまくって、アンプに倒れ込んで仁王立ちしてまた絶叫、っていうブチギレっぷりでビックリ。その後で生声とアンプ通さないギターで1曲だけやって、全部で10分くらいでおしまいっていう、いや、唖然としました。

次にサム・ベネットのソロと、その後に2人でデュオもあったんですが、山本ソロの10分が強烈すぎて、そっちはもうオマケって感じですね。この人があそこまでブチキレるって久々っていうか、いや、あんなになるのは初めてだったんじゃないでしょうか。パフォーマンスっていうか「フリ」ではあるんだろうけど、目とかイッちゃってたし、けっこうマジなところもあったような。なんか、ここ数ヶ月ライヴやたらとガンガンやってて、どんどん前向きになってて、それでこういう剥き出しのところまで来ちゃったというのは、なんとなく合点がいく気もします。まあとにかく、うーん、やっぱこの人の闇はとんでもなく深いというか、やっぱすごいお人ですね。

この日はcore of bells主催だそうで、かえる目→core of bells→豊田道倫→山本精一+サム・ベネット→千住宗臣という流れで、それぞれの落差ありすぎでめっちゃおもしろいイヴェントだったんですが。でも終わってみたら山本ソロがすごすぎて他はみんな霞んでしまったみたいな、そんな感じでありました。
posted by デンスケ at 02:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。