2007年11月01日

中日優勝

いやー、最後の試合で山井8回までパーフェクトってのにはビックリしましたが、それをスパッと替えた落合にもビックリしました。なんか6回くらいから異様な雰囲気が漂ってて、優勝よりそっちの方が大事みたいになってましたな。だから替えたんだろうけど。はあ、すごい試合でした。

最後はそういうんで緊迫感ある試合だったけど、5試合通してはやっぱつまんないシリーズでした。結局4勝1敗で、中日の勢いばかりが目立って、日本ハムはいいところがほとんど出せなくて、一方的に終わっちゃったからねえ。もうここ数年、シリーズってこんなんばっかりでしょう。おれは日本シリーズってのは両リーグの優勝チームが争うんだから、がっぷり四つに組んで、僅差の好ゲームが続いてハラハラドキドキの連続で、4勝3敗までもつれるもんだって思ってるから、こういう一方的なシリーズは大嫌いなんですよ。それが何年も続いて、また今年もかいい加減にしてくれって感じですよ。今年は特に嫌いな中日優勝だからなおさら頭に来るんですけど。

日本シリーズがこんなになっちゃったのは、当然プレーオフ〜CS制になったからで、CSがシリーズにそのまま直結するってことなんですよね。逆にレギュラーシーズンと日本シリーズが必ずしも直結しない。「勢い」とか「実践感覚」なんてもん、以前じゃそんなに重要視されてなかったでしょう。実力そのままのぶつかりあいだったでしょう。それが今の制度だと、どうしてもそういう勢いとかが重要になってしまって、ほんとの実力なのかどうかがよくわからない。

だから今年からはレギュラーシーズンとポストシーズンとは切り離して考えるべきで、日本一ってのはポストシーズンで一番強かったチーム、と言ってもいいような気がします。レギュラーの方で一番強かったのは巨人と日本ハムで、その3チームそれぞれ名誉になってんだからいいじゃん、みたいな。大リーグでも、今年はロッキーズみたいなチームがあったんだし。となるとほんと今年の中日みたいに、レギュラーで無理せずポストに標準を合わせる、って戦い方が今後増えていくような。新しい在り方っていうか。

でもそう思っても、やっぱりなんか合点がいかないというか後味悪い感じはします。おれはCSというのはすごく新鮮で好きだし、いろんな相乗効果もあるし、今の制度に猛反対というわけではないんですが、もともと強引な制度なんだから、いろいろいじってもどうしたって矛盾が生じますよね。なにより、やっぱり日本シリーズは頂上決戦的なものであってほしいんですよ。その年で一番強いチームを決めるものであってほしいんですよね。そう考えると旧制度しかないとも思うんですが。なんか、何年かたったら結局は旧制度に戻って「あーCSなんてのをやった時もあったなあ」とかってなりそうな気もします。

今年もこれでプロ野球終わっちゃいましたけど、寂しいんですけど、うーん、モヤモヤ収まらずって感じですねえ。
posted by デンスケ at 22:06| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。