2007年09月17日

面影ラッキーホール

夕方、阪神敗戦を見届け、どよ〜んな気分で渋谷へ。こんな貧打で策なしで優勝もナニもないだろがって感じなんですが。で、渋谷デュオで面影ラッキーホール、サイプレス上野とロベルト吉野。面影ラッキーホールは先だってのフジロックでも見たのですが、フツーのハコで見るのは初めてです。

ひと言でいえば昭和演歌エロ・ファンクって感じですか。演歌っていうか「艶歌」って方が近いですかね。一人称は全部女性側という、場末のドロドロヌルヌルなお話とか、「パチンコやってる間に産まれて間もない娘を車の中で死なせた」とかのイヤ〜な後味とかの歌詞を、ネチネチしたファンクとともに、ヴォーカルの人がヴィブラートビシバシな声で小指立てて歌うって感じ。まあクレイジーケンバンドに近いんですが、アレよりもっとエグくてエロくて下世話でドロドロでしょうもないっていいますか。

その歌詞のおもしろさが一番の個性だと思うんですが、でもメロディーもすごくしっかりしていて、昭和歌謡系哀愁メロのツボをちゃんと押さえているし、演奏もよさげ。アンサンブルバッチリで濃厚で汗臭いって感じで。それに見た目がね、フロントにヴォーカル、ホーン、コーラスで計6人が並ぶんですが、ヴォーカル以外全員女性で揃えてるのがいいですね。キャバレー的というかパッと見勝負的な胡散臭さがたまらんです。

この日はヴォーカルの人のMCが、フジに比べると切れ味今ひとつな感じはありましたが、代表曲っぽいのひととおりやったみたいだし、歌も演奏もパワフルだったし、楽しかったです。
posted by デンスケ at 03:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。