2007年08月07日

ONJO

3日、新宿ピットイン。この名義は昨年秋以来ですが、あの時は浅草だったから、ここで見るのはずいぶん久しぶりな気がします。

この日は8人編成で、前半も後半も、アンサンブルという概念を極力入れずにやってるみたいな感じ。特に前半は2〜3の楽器が鳴ってまた別の楽器に移るという、ポツポツした音の響きを繰り返していって、やがてそこにサイン・ウェイヴとかギターのフィードバックとかがって入ってきて、なんか「点と線」みたいなイメージといいますか。「持続と非持続」って感じ。新機軸というほどはっきりしたものではないけど、これまでにない手触りもおぼろげにある、というような。そういうんで大変興味深い演奏でした。

後半はわりとこれまでっぽい感じだけど、最後の曲で大友が指揮を執っていて、これがスピーディーにビシバシ指示してて、めっちゃスリリングでおもしろかったです。やっぱこの名義はラジカルな意志みたいなものがずっと漲ってて、聴いてるとゾクゾクしますね。新作のライヴ盤2種を買って帰りました。
posted by デンスケ at 01:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。