2007年07月23日

石橋+吉田、突然段ボール

東高円寺UFO CLUBで、石橋英子+吉田達也、突然段ボールその他。

石橋+吉田のライヴは初めて見たんですが、いやあ、素晴らしいですね。変拍子とか複雑な構成の曲がほとんどなのに、両者の呼吸がものの見事にピッタリ合ってて、まったくズレることがなくグイグイ爆走って感じで、圧倒されました。アイコンタクトなんてまったくしてなくて、双方とも自身の演奏に集中している風なのに、あれだけ噛み合って、音としてもちゃんとひとつの音になってるというのは、ちょっとすごいですね。もうずいぶん一緒にやったからなんだろうけど、それ以上に相性がいいってことなんでしょう。

そういう一体化した音になりつつ、それぞれの音そのものはまぎれもなく各人の音になってるという、自己主張とか個性とかが明確にあるというところが、このデュオの良さだと思いますね。妥協とか譲歩とかというのがあまり感じられない、みたいな。

特に石橋さんのピアノ、現代音楽っぽくなったりクラシックになったりポップス風になったり、それがドドウのスピードでどんどん出てくるって感じで、ほんとおもしろいです。可憐さと変態さが一緒になってるみたいな感じといいますか。そういうのを終始うつむき加減の無表情でやるっていうのも、またたまらんって感じで。うーん石橋さんヤバイ。終了後物販で売り子やってるっなんつうのがまたヤバイって感じで。

突然段ボールは2年ぶりくらいに見たんですが、今のライヴは蔦木俊二の両側に女性コーラス2人って形になってるんですね。じゃがたらあるいは渋さってな感じですか。しかもそのコーラスが振り付けを無表情のまま黙々踊るという、ロボット的な動きで通していて、それがシュールというか非日常的で、このバンドの「なんかヘン」な感じを増幅しているとでもいいますか。いや大変おもしろかったです。
posted by デンスケ at 00:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。