2007年06月30日

オニキユウジ

昨日29日は午後取材2本、夜ライヴと珍しくあわただしい日でありました。ライヴは青山月見ル君想フでオニキユウジ。この人はひと月ほど前に取材したのですが、ライヴを見るのは初めてです。ついでにこのハコも初めて。はあ、こうゆうところなんすか、って感じで。

最新作のメンバーが全員参加して、全曲曲順どおりそのままやるという趣向で、曲間でMCいっさいなし拍手も禁止。そういう緊張感を自らに課したのが見事にいい方へ転んだといいますか、一発録りのレコーディングを見ているような、気合いの入ったいい演奏でした。特にポップ鈴木のドラムス、ずいぶん久しぶりに見ましたが、この人好きなんですよ。相変わらずのやわらかなアタックとか、演奏が高揚するところでは絶叫しながら叩きまくるとか、力の抜き加減や入れ具合が絶妙で良かったですねえ。

7人もの大所帯で、ヴァイオリンを中心に音像がぶわっとしたふくらみのあるものになって、風景が見えるような感じになっていくところが、このバンドの良さなんじゃないでしょうか。言葉とメロディーだけじゃない表現力があるというところ。その良さがライヴだとよりはっきり出ていたんじゃないかと思いますね。特にノイ!というかジャーマン・トランス風のインタープレイが延々続くところなんかは、やっぱライヴの方が高揚感とかトランス感覚とかがけた違いで、大変コーフンいたしました。
posted by デンスケ at 14:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。