2007年06月28日

山本+芳垣

夕方6時から青山一丁目で取材がひとつあって、そのあと新宿へダッシュで移動、新宿ピットインで山本精一+芳垣安洋デュオ。いやこれがもうさ・い・こ・う、マジで素晴らしかったです。

だいたい最初は二人で全然違うことやりつつ、仕掛け合いをしながら次第に近寄っていくって感じだったんですが、息がピタッと合ってからノイズぶちまけながら高揚していくところが、もう得も言えぬ快感というか、全身総毛立つくらいの興奮がありました。特にラストの歌謡ブルース→痙攣ノイズまき散らしが最高。ちょっと想い出波止場を思い出したというか、これぞ山本真骨頂って感じですよ。

そういうノイジーなセッションを中心に、なんかアコギでスパニッシュっぽいのとか、ポップ・グループを思いっきりねじれさせたようなのとか、いろいろやってましたけど、一言でいえば骨太で武骨なパンクという感じ。山本さんが即興モードの時は内面的な、闇の方へ行くことが多いと思うんですが、この日ほぼ外向きの攻撃的な、どアッパーなノイズがほとんどで、それは相手が芳垣さんだったからなんでしょう。この二人がやると、どうしても骨太とか男気とかの方へ行くってことなんでしょうね。相性がいいということですか。それにやっぱデュオはおもしろい。即興はデュオに限る。

最近は山本さん関係のライヴがごぶさただったんですが、この日はMCとかも絶好調で、久々にこの人の変人ぶりを思いっきり堪能しました。今年見たライヴの中じゃダントツですね。
posted by デンスケ at 02:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

祝!ど-てい卒業しました!
Excerpt: 西川先生みたいな女の人に37マモナ買ってもらえました! 
Weblog: けいた
Tracked: 2007-07-01 02:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。