2006年08月20日

フジロック2日目

2日目はまずドラゴンドラ。昨年に続き2度目ですが、やっぱり恐いモンは恐い、しかしその怖さを耐えれば別天地のような終点広場が待っている、ってな感じで、あそこはホント気持ちいいですね。昨年も書きましたが被りモンのパンダとかカエルとかハイジ(これは被ってるわけじゃないか)とかが普通にそのへんウロウロしてるっていうドリーミー感がたまりません。ついでに言えばレストラン内の客の見えるところに控え室があって、そこで堂々と被りモン脱いで「ふう〜」とか言ってて、夢の気分を平気でブチ壊すいい加減さもまたたまりません。

てな感じでチンタラしてて、会場内に戻ったら雨降り出してあたふたしたりもしたので、この日はあんま数見てません。以下の通り。

三代目魚武濱田成夫→サイゲンジ→木村充揮→ソニック・ユース→湯川潮音→電気グルーヴ→UA×菊地成孔→ストリング・チーズ・インシデント→シザー・シスターズ

雨いっぱい降りましたよねこの日は。木村充揮のあたりが一番豪快に降ってて、土手でライヴ見ながらやたらと悲惨な気分になって、なんでこんな大雨の中じっと固まってライヴ見てんだろうって感じで、何年か前のメイシー・グレイを思い出したりしましたよ。メイシー・グレイ同様、この木村充揮も「ヒドイ雨ん中見たライヴ」というんで記憶に残ってしまうんでしょう。

ソニック・ユースは、ジム・オルークが抜けても(つってこの日も参加してましたが)わざわざベースの人を新たに入れてて、キムはギターに専念、つまりもうギター3本は崩したくないってことなのね。まあ確かに、あの編み込むような感じにならないといかんってのはよくわかる。で、昨年見た時は「ソニック・ユースがソニック・ユースを演じてる」みたいな、なんか閉塞感っぽいものを感じたのだけど、新作で思いきりポップに寄ったことでケリが着いたんですかね、この日はずいぶんと開放的な演奏でした。だから新作の傾向とは逆方向って感じだったけど、このダラダラした垂れ流し感こそソニック・ユースですよ、って感じで、聴いてて気持ち良かったです。しかしまあ、そうなるとさして起伏もなければ盛り上がりもなく延々と続く例のパターンなので、客席が湧くはずもなく、グリーンはちとキツかったんじゃないかなあ、と思いましたが。

電気グルーヴは代表曲オンパレード+VJの大舞台にハマったショーって感じで、アンダーワールドやケミカル・ブラザーズを思い出したりしましたが、もう彼らもそういう大御所的ポジションにいるというか、成熟したってことなんでしょうね。でも、卓球のめいっぱいなシャウトとか瀧の被り物パフォーマンスとか、フレッシュな部分をしっかりとどめているが彼らのいいところ。VJもさすが宇川って感じで雰囲気モノにならないところが良かった。

で、電気終わってダッシュでオレンジ行ったら、まだUA菊地やってて、たぶん半分近くは見られたと思うんだけど、半ばあきらめていたのでラッキーでした。いやあとにかくUAが素晴らしかった。また歌うまくなってて、つうかうまいっていうよりスケール感とか表現力とか凄味とかがいっそう増していて、ホント圧倒的でしたね。この人は本来自分の言葉で自分の歌を歌うべきタイプの人だと思うんだけど、カヴァーでもましてや英語でも、自分の歌とほぼ遜色のないソウルを込めることができるようになったというか、そういう他者の歌を歌うことの喜びが満ちあふれているというか。菊地のサックスもなまめかしくエロエロにUAに絡みついてくるんだけど、存在感が違いすぎてぶつかりあうとかそういう方に全然行かないで、ただUAの引き立て役って感じ。コラボっていうよりUA+バックバンドっていう方が近かったんじゃないでしょうか。とにかくUAのすごさばかりが際立ったライヴでした。

この日最後に見たシザー・シスターズは、ディスコありファンクありグラム・ロックありリリカルありうわーいろいろ出てきて楽しいなあってもんで。ヴォーカルの男の方今時ジャンプ・スーツ(死語)でアクションのキレ抜群で終始観客に笑顔振りまいてて、対してヴォーカルの女の方は全体仕切ってるやり手ババアってな感じで、その対比というか役割分担が明快で大変よろしい。とにかく理屈抜きに楽しめました。しかしたっぷり雨が降ったおかげで、なんかめっちゃ疲れた1日でしたな。


posted by デンスケ at 20:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。