2006年08月15日

フジロック1日目

もうサマソニも終わってしまったというのに、今さらフジロックの日記もねえだろって感じなんですが、今までヒマなかったし書かないのも気持ち悪いしってことで、ご勘弁を。まずは初日、例年通り見たものを箇条書き。

ナツメン→テリー・アダムス→ガンガ・ズンバ→OOIOO→矢野顕子→ノース・ミシシッピ・オールスターズ→ハリー・ホソノ・クインテット→マッドネス

以前の日記にも書きましたが、今年は前日に行けず当日早朝出発で、しかも新幹線の遅れとかもあって、苗場に着いたのがお昼過ぎくらいだったでしょうか。宿に荷物置いて、会場内に入ったのがもう2時近くで、まず見たのがナツメン。といえばアインちゃんなんですが、最近のライヴだと終始黙々とギターを弾いてるのみだったのが、この日はもう元気いっぱいに飛び跳ねてて、最後の曲では満面の笑みでCDだかなんかを客席にばらまいたりして、いやあもうたまりませんって感じで。一発目がコレですから、出遅れたとはいえ今年のフジロックは素晴らしいかもって感じで。

で、この日はオレンジにいることが多くて、寝不足だったこともあって例の土手で寝てたりしてたんですね。したら矢野顕子が始まって起こされたんだけど、まどろんだ状態で聴く彼女の声というのが異様に気持ち良かった。この日は矢野顕子に尽きますね。もう格というか役者が違いすぎ。以前にも書いたことだけど、この人の歌とピアノはそれ自体ひとつの生命体みたいな、鮮度とか生命力とかが溢れまくってるとしか言いようがないですね。会場の空気も完全に彼女が支配していて、MCも含めて観客を軽く手玉に取ってる感じで、ちょっと異様なくらい静かだったし。よく言う、場の空気にハマっていたとかこの人にはあのステージが合うとか、そういうの全然超越しちゃってて、彼女が歌えばどこでも彼女の色になっちゃうみたいな。本来は室内の方がいい音楽のはずなのに、そんなの全然関係ないっていう。いやホント、改めてこの人のすごさを思い知った気がします。

しかしその後の細野さんは、この日一番楽しみだったんだけど、こっちはちとイマイチでしたな。スタンダード的な曲のカヴァーが中心だったけど、ちょっと趣味性に走りすぎていたと思うし、ギターが徳武弘文のカントリーっぽい感じだったので、枯れた味わいみたいな方に行っちゃってたし。去年狭山で見た時の方がずっと良かったです。矢野顕子がまた出てきて細野曲をデュエットしていたけど、これまた矢野の良さばっかりが際立ってて、細野はついていくのがやっとという感じで。なんでも山中という環境が細野にはあまり良くなかったらしく、ベストなコンディションじゃなかったみたいだけど。

夕方頃一時的に雨が降ったけど、それ以外はまあまあって感じの天気でしたな。ただ、日が暮れてから急速に寒くなってビビリました。例年より寒いなあと思いましたね。


posted by デンスケ at 03:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。