2006年05月08日

タコボンズ

 6日、なぜか2日連チャンで秋葉原グッドマン。以前取材したことのあるバンドで、ライヴを見るのは2回目。パニックスマイルを爆音にしたみたいな感じというか、変拍子+爆音+ラップってな感じのバンドなのだけど、前回見た時は爆音ばかりを強調しすぎて、このバンドの特性が見えづらいような印象だったんですね。しかしこの日は良かったです。リズムやヴォーカルがきちんと前に出ていて、それでいて爆音を出すところはしっかり爆発するという、いい塩梅の演奏。なによりメンバーのテンションが相当に高くて、集中力や緊張感が漲っていて、ノー・ウェイヴっぽいひりひりした感じの音になってるところが良かった。いいバンドだと思いますよ。
posted by デンスケ at 00:40| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。