2006年03月28日

アニマル・コレクティヴ

 ここのところちょっと時間がなくて(つうか仕事以外のことがやる気しなくて)、書かなかったんですが、やっぱこれはちょっと書いておこうかなと。12日渋谷O-West、もう2週間以上前のことなんですが。

 で、初めて見ました。このバンドが持ってるポップな面とアヴァンギャルドな面の両方が出たライヴだったと思うんですが、やっぱアヴァンの方が強く表れてたんじゃないでしょうか。半分以上はフリー・フォームなダラダラした構成だったし、全員でドラムス叩いたりとか、全員でコーラスだけの曲とか、なんかヘンなこといろいろやっていたし。リズム隊なんかかなりヘロヘロで、グルーヴもナニもないって感じだし。フリーでアヴァンでストレンジで、観客に向けてどうのっていうより、自分たちがハイになりたいってことの方が重要みたいな、そういう風情。見ていて、ああこういうバンドなんだってことがわかった気がした。同じニューヨークのノー・ネック・ブルース・バンドとかに近い感じ。ちょっとタージマハル旅行団とかアシッド・マザーズ・テンプルとかも思い出したりしたし。

 前述したようにそういう面ばかりじゃなくて、ポップな面、ポップな曲もたくさんあって、最新作なんかはそっちの方が強く出ていると思うし、両方のバランスが取れているところがこのバンドの良さだと思うんだけど。でもバンドの本質とか、素のままでやるとこうなる、ってところで、やっぱアヴァンな方だと思うんですよ。体質とか癖とか、そういうところ。

 個人的には、最近では群を抜いてエポックなライヴだったのだけど、でも「ああっ最高だったわ」というのも違うし、なんか奇妙なカタルシスがあった。こういう感覚のライヴってちょっとないです。想像よりも手ごたえがあったことだけは間違いないんだけど。

 それとTシャツ! 入場してすぐに買おうとしたら、その時点ですでにMサイズすべて売り切れってどうゆうことよ? おれが欲しかったのはカーキ色のMだったのだけど、カーキのLもなくて、しょうがないから唯一残っていた水色のL買いました。なんか最近ダイナソーとか、Tシャツ売り切れが多くてヘコみます。
posted by デンスケ at 22:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。