2005年12月17日

おたまはん

 ちょっと前、安田理央さんがブログで「キャベツのうまたれ」という生キャベツ専用タレ(というかドレッシングですか)のことを書かれていて、それに影響されて自分も買ってみたら、これがめっちゃうまいんですね。酒のつまみにもなるんで、以来「キャベツ」と「うまたれ」は欠かせなくなってしまいました。

 で、昨日散髪してる時に雑誌『DIME』(散髪の時はいつもコレです)を読んでいたら、小山薫堂が「おたまはん」という卵かけご飯専用タレについて書いてたんですね。「卵かけご飯」に「専用タレ」なんてものが存在すること自体オドロキだったのだけど、なんでも「木桶でじっくり熟成させた国産丸大豆醤油+みりん+カツオダシ」だそうで、なんだかこれまたやたらウマソー。卵かけご飯好きとしては食べてみたいってんで、サイトに行ってみたら、えらい人気で今注文しても到着が3月になるんだそう。うーん、すごいですねえ、「卵かけご飯専用タレ」がこんなに人気というのは、みなさん卵かけご飯好きなんですねえ。

 しかしその小山薫堂の文章で「嵐山吉兆で食べた卵かけご飯は絶品だった、黄味と白身のバランスが絶妙で、吉兆特製醤油と、削りたての鰹節と、軽くあぶった海苔をかけて豪快に食らうのがたまらん」とか書いていたのだけど、なんだかなあと思いましたね。まあグルメ的にいえばシンプルなものだけに素材にこだわるってことなんだろうけど、卵かけご飯だぜ? んなもん日常の食卓のありもの(つうか余りもの)ですますっていう食べモンでしょうが。そういう庶民の味まで贅沢なものにしてしまうってのは、なんだか鼻についてイヤだなあと。グルメなんだからグルメなもん食ってろよって。や、なんかビンボー人なこと書いちまいました。しかしまあ吉兆の卵かけご飯か、うーん、やっぱおれも食ってみたい。

 全然関係ないけど追記。さっきミクシィのコミュで「今日の朝日新聞夕刊にEYE×モブ・ノリオの対談が出てる」というのがあったので見てみたら、コレがおもしろくてね。EYEの発言はいつもホントにおもしろい。「自分の意図からはずしたことをあえてやっていけば、突然おもしろくなる瞬間がある」なんて、ちょっとハッとさせられたし。にしてもEYEの表記が「山高アイ」になってたのはずっこけました。この表記って初めて見たかも。未だに「ボアダムズのリーダー」なんて書いてあるしさ。
posted by デンスケ at 01:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。