2008年09月30日

テニスコーツとセカイ

渋谷ネスト。全曲、セカイの2人打ち込み+さやkey+植野Gという編成で、アルバムよりずっとフリー色の濃い演奏でした。特に際立っていたのが植野のギターで、ディレイ強調の浮遊感のあるヤツとか、太い音でサイケデリックなのとか、いろんなアプローチで全編弾きまくり。サックスとか使わずギタリストに徹したぶん、一点集中的にリキ入りまくりな感じで、グッとくるというか琴線を突かれる場面がいくつもありました。この日の主役は植野でしょうね。

それとセカイの作り出す浮遊感のある音像というのが、テニスの曲にあるファンタジックな幻想性というものとうまく溶け合っていた感じで、あの2人はテニスの世界観をとてもよく理解していたんだと思いますね。ビートなしの曲だといっそうそういう感じ。テニスの曲には、こういうスタイルの方が合ってるんじゃないかしら、とか思ったり。ともかくいいライヴでした。

とか言いつつ、最初に出たd.v.dの頃は阪神試合中で、もう気が気じゃないカンジだったんですが、インターバルで勝ったことを知って、心の中で絶叫しましたよ。まったく岡田、いい感じで投げてた石川をわざわざ降ろしてアッチソンに替えて、それで打たれちゃってさあ、今日はちと継投失敗でしょう。アッチソン以降過信しすぎなんですよ。まあ今の時期は丁寧に行き過ぎちゃうの、わかるんですけど。でもその後金本にホームランが出て、打線もようやくいい感じになってきたし、良しとしましょう。ああっあと7つ!
posted by デンスケ at 01:41| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。