2008年08月25日

星野ジャパン

おれはオリンピックより阪神の方が全然大事ですから、メダルとかどうでもいいっちゃいいんですけど、でもセ・パのオールスター的なチームを組んで他の国と勝負するなんてたまにしかないことだし、やっぱワクワクするし、やるんならそりゃ勝って欲しいと思うんですよ。それが明らかな力負けならともかく、ダルビッシュ使わないで岩瀬使うとか、監督の不可解な采配のせいで負けるというのは、どうにも納得いかんのですよ。ダルとの確執?とか岩瀬への温情とか、いろいろいわれてるけど、そういうかったるいことは勝負に持ち込まないで欲しいんですよね。ほんとうっとおしいですよ星野って。

星野って阪神を強くしてくれた人なわけですから、個人的にも思い入れはあったんですが、あの優勝以来人柄が変わって高飛車になったらしく、たまに解説とか聞いても上から見下ろすような発言に終始してるし、なんだコイツとか思っていたんですよね。阪神優勝にしたって島野コーチの力が大きかったわけで、結局星野個人は能なしのタレント監督、ってことが今回の4位で露呈されたといえるんでしょうね。だからこういう結果でザマミロ的にも思ったりしますよね。もしうまくいったりしたら星野天皇的になっていただろうから。

しかしそれでもWBC監督に意欲的とか言ってるらしく、そりゃいくらなんでも恥さらしだろうと思うんですが。長嶋→王→星野ときて、もうタレント監督はおしまいでいいでしょう。個人的には、今回のオリンピックについて的確なコメントを連発してた野村監督がいいなあ、と思うんですけどね。おれはこの人のコメントを読んで、なんかスッキリしましたよ。

明日あたりから日本代表メンバーも戻ってきますね。阪神は3人とも可もなく不可もなくな結果(でも新井は戦犯っぽい?)でしたけど、岩瀬とかGG佐藤はこれから大変ですよね。中日や西武にしてみれば「貸してやったのにボロボロにして返してきやがった」くらいは言いたいんじゃないでしょうか。ともあれ、これでペナントレースに集中できますね。阪神今日も勝ってイヤッホー!
posted by デンスケ at 22:31| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

横浜戦→韓国戦

横浜戦見てたら打線ブンブン振り回すだけで工夫もナニもなくて、そうこうしてるうちに追加点取られて、いい加減腹立ってきて、もう知らんって感じで見るのやめて韓国戦見ることにしたんですが。そしたらこっちも似たようなもんで、拙攻ばっかで全然点入らなくて、そういうしてるうちに追加点取られておしまいって感じで。なんか両方とも同じような負け方で、2回負けた気分っていうか、いつもの倍疲れましたよおれは。ドヨーンも2倍って感じで。阪神も日本代表も今夜は野手全員素振り千回しろってんだよ。今日はもう寝る!
posted by デンスケ at 02:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

やっと勝ったわー

もうオリンピックなんかそっちのけで巨人戦に見入っておりました。うおおーか・ね・も・と〜〜〜!よく打った!エライ!エラすぎる!なんかもう勝ったのめちゃくちゃ久々な気がするんですけど、うれしいよおれは!今年の勝ちで一番うれしいかもっす!最高っす!うーん今日の勝ちは死ぬほどデッカイわー。じゃっこれからオリンピック見まーす。
posted by デンスケ at 21:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サマーソニック

これまではサマソニ嫌いとかいって敬遠していたんですが、今年はメンツがいいので2日間参加しました。2〜3年ぶりですかねえ。そしたらこれがなかなか楽しかったんですねえ。いやフジロックがキツくなってきた身としては、大半を冷房の効いた屋内で過ごせて、雨の心配しなくてもよくて、移動の距離もさほどなくて、さらにはほぼ全域平面というのは、じっつに快適ですよ。以前はやたらとハナについた人の多さもさほど気にならなかったし、年齢層も広めになっているし、ビーチとかリバーサイドとかのステージもあるし、アトラクションもいろいろで、なんかプラス面ばっかりで、フラットに楽しむことができたんですね。

ラインナップの方も、これだけ豪華であり今っぽいメンツが揃うというのは、やっぱりすごいですよね。大ざっぱに言ってフジはオルタナティヴ寄りでサマソニはメインストリーム寄り、という方向性の違いがあるから、一概に比較してどうこうともいえないんですが、それでもこれだけのメンツを揃える努力というかパワーっていうのは、やっぱ単純にすごいと思うんですよね。そこはどんどんメンツが無頓着になってるフジが見習うべきでしょう。毎年言われてることですけど。

とか言いつつ「とにかく有名っぽいのと今っぽいの片っ端から集めとけ」みたいな、テキトー感というか大ざっぱな感じがアリアリとも思うんですけどね。それに終わった後にずっしりした手ごたえとかなくて、なんかのっぺりした感じだったし。それもサマソニの特性ということでしょうか。

個人的にはメンツにかかわらず行くのがフジで、メンツ次第で行くのがサマソニ、というのは変わらないんですが、今年はそういうんでサマソニが新鮮でありました。ちなみにベスト・アクトは、良かった順に、レイト・オブ・ザ・ピア、サントゴールド、ニュー・ヤング・ポニー・クラブ、二階堂和美、クリスタル・キャッスルズ、ペンデュラム。あーあと、初めてパフューム見られて良かったっす。
posted by デンスケ at 18:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

別冊大人の科学

いつぞや付録にテルミンってのがありましたが、今度はシンセサイザーっていうんで、買ってみました。うーんさすが学研、ほんのりモーグ・シンセっぽくしていて、このアナログ感というかオモチャ感がたまらんですねえ。ツマミいじってるといろんな音が出て、おれみたいに楽器弾けなくてもけっこう楽しめますね。本の方に卓球が「こういうセッティングにするとスロッビング・グリスルみたいな音が出る」とかって書いてるんでその通りにやってみたら、確かにそれっぽいびょわわーんって感じの音が出てウッヒョーとか、そんなんでキャッキャいいながら遊んでおります。まあテルミンの時みたく、すぐ飽きる感じはするんですが。

これってこの雑誌全体にいえることなんでしょうけど、「付録」を超マジメに全力を注いで作ってて、それで「どうだ!」みたいな、「そんなところにリキ入れてどうする」的な、ムダっぽいところがなんか痛快なんですよね。反デジタルというか、紙ジャケ的なありようって気がしたりしますけど。本誌の方の「手回し鳥オルガン」というのも、なんか欲しくなってきました。



posted by デンスケ at 23:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。