2007年12月17日

山本精一+KK NULL

年末進行キビシーな感じの昨今なんですが、ここんとこなぜかロック系のレヴューが多くてですね、ニルヴァーナ、ブルーハーツ、スターリンっていう、毎日そうゆう熱いヤツばかり聴いておりました。ニルヴァーナなんかファースト以外全部ですよ。もうね、やっぱロックだぜ!血湧き肉躍るぜ!僕パンク・ロックが好きだ!って感じで、もうギンギンになって書いてました。まあダントツに良かったのはスターリンの『ストップ・ジャップ・ネイキッド』で、こういう再発はもう偉業だと思いますね。

で全然関係ないんですが、15日高円寺ショーボートで山本精一+KK NULL。要するに「オントコ」で、共演はずいぶん久々なんじゃないでしょうか。最初の山本さんソロのノイズ・ギターが、闇の極みというか涅槃というか、相当に達観した世界で、ああ今日はこういうんですかと。それが後半の共演ではNULLのきらびやかなエレクトロ・ノイズが混ざって、現代音楽風みたくなって、ちょっと違う方向へ行きかけたものの、終盤に両者の絶叫バトルというすさまじいシーンがあって、もう奈落の底へ一緒にゴーみたいな感じで。あの徹底してダウナーな感じはちょっとすごかったですね。

最近の山本さんはライヴごとにプレイとか方向性とかが全然違ってて、見ていてすごくおもしろいんですね。「型」というものに固執しないで、いろんな手を繰り出してくるというところが、最近のこの人のおもしろさなんじゃないかと思います。型ってミュージシャンにとって大事なものだと思うんですが、それができて固執してしまうと、そこに埋没してどんどんつまらなくなっていくような気がするんですよね。てなことを考えたりしたライヴでした。
posted by デンスケ at 23:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。