2007年12月31日

豊田道倫

29日、渋谷ネスト。ワンマンを見るのは初めてだったんですが、良かったですねえ。1曲目の「UFOキャッチャー」の時点であーもう十分オッケーって感じでした。このバンドはすごくいいと思うんですが、なんつっても久下惠生のドラミングが最高。いきなり渾身のスネアが入るとか、やおらビートが走り出すとか、真っ当な8ビートの曲なのにスネア入れないとか、この人のひねくれっぷりというかオルタナ性みたいなのを、久々に存分に堪能した気がします。そのドラミングというのが、豊田の歌にあるねじれ具合とか変な感じとかってものを、音としてすごくよく表してると思うんですね。歌の世界にプレイで反応するってことで。豊田とこんなに合ってる人は他にいないと思いますね。

それと内田直之のミキシングがまた素晴らしくて、全体の音を膨らみがあって濃厚でアシッド臭のある音像に仕上げていて、これがまたいびつで、この人も豊田の世界をよく理解していたんだと思いますね。KYONも上田ケンジも含めて、シンガーとバンドという関係では理想的といえるんじゃないでしょうか。ゲストのヤマジカズヒデもいいプレイだったし。2時間以上の長いライヴだったのに、飽きることもダレることもまったくない、いいライヴでした。これが今年最後のライヴだったので、ビシッと締まった感じで実にいい気分。それでは良いお年を。
posted by デンスケ at 16:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

有馬記念

いやーマツリダゴッホとダイワスカーレットですか、くうーっ、おれマツリダもスカーレットも込みの5頭ボックスで買おうとしたんですが、この組み合わせだけは最後まで迷って、結局これだけ外しちゃったんですよね。スカーレットやや軽視だったんで。したら馬連2万以上やんけ! ああ、有馬くらいケチるんじゃなかった…。今年最後の競馬がなんともせつない結果になっちまいました…。まあ競馬ってそういうもんなんですけど。

しかし荒れましたねえ。久々に有馬っぽいレースだったと思いますね。直線になってもサムソンもウオッカも来なーい! マツリダまんまと逃げ切ったー! ってヤツで、この呆気にとられたまま終わっちゃった感こそ有馬でしょうって感じで。だからレース自体はエビショウしてやったりで痛快極まりなかったんですが、2着スカーレットあんなに粘るとは…。ポップロックとか来てくれればねえ…。ポップロックはもうステイゴールドとかみたいなもんで、G1勝てない運命ってヤツなんでしょうね。年明けの金杯でまた出直しっす。
posted by デンスケ at 16:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

山本精一+KK NULL

年末進行キビシーな感じの昨今なんですが、ここんとこなぜかロック系のレヴューが多くてですね、ニルヴァーナ、ブルーハーツ、スターリンっていう、毎日そうゆう熱いヤツばかり聴いておりました。ニルヴァーナなんかファースト以外全部ですよ。もうね、やっぱロックだぜ!血湧き肉躍るぜ!僕パンク・ロックが好きだ!って感じで、もうギンギンになって書いてました。まあダントツに良かったのはスターリンの『ストップ・ジャップ・ネイキッド』で、こういう再発はもう偉業だと思いますね。

で全然関係ないんですが、15日高円寺ショーボートで山本精一+KK NULL。要するに「オントコ」で、共演はずいぶん久々なんじゃないでしょうか。最初の山本さんソロのノイズ・ギターが、闇の極みというか涅槃というか、相当に達観した世界で、ああ今日はこういうんですかと。それが後半の共演ではNULLのきらびやかなエレクトロ・ノイズが混ざって、現代音楽風みたくなって、ちょっと違う方向へ行きかけたものの、終盤に両者の絶叫バトルというすさまじいシーンがあって、もう奈落の底へ一緒にゴーみたいな感じで。あの徹底してダウナーな感じはちょっとすごかったですね。

最近の山本さんはライヴごとにプレイとか方向性とかが全然違ってて、見ていてすごくおもしろいんですね。「型」というものに固執しないで、いろんな手を繰り出してくるというところが、最近のこの人のおもしろさなんじゃないかと思います。型ってミュージシャンにとって大事なものだと思うんですが、それができて固執してしまうと、そこに埋没してどんどんつまらなくなっていくような気がするんですよね。てなことを考えたりしたライヴでした。
posted by デンスケ at 23:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

d.v.d

渋谷ネスト。おもしろかったですねえ。ツイン・ドラムスと映像のコラボ的ユニットで、やっぱこういうのはCDやDVDとかよりライヴの方が断然おもしろいですね。ドラムスと映像とがシンクロしてるっていうところで、ドラびでおがやってることと発想は近いと思うんですが、あれとはまったく別物ですね。映像も音も数理的かつ幾何学的って感じで、かなり緻密に作りこんでいて、構造だけ取ってみればけっこう実験的なのに、難しい方へは行かずポップでダンサブルっていうのがいいです。映像もシンプルでありつつカラフルな色彩でポップだし。

映像担当の人がステージにいて、パソコン操るだけじゃなくて、時折踊りながら映像を動かしていくっていう、パフォーマンスっぽいことをやるっていうのもなかなか新鮮でした。音自体とかスタイル自体はそう新しいってほどでもないと思うけど、見せ方が斬新なんですよね。そういうんで楽しめました。その新鮮さを今後どれだけ持続できるか、というのが勝負っていう気もしますが。

それと3番目に出たマックス・ハート、初めて見たんですが、いやもう最高。ギターとリズム・ボックスみたいなのの男女デュオで、変なエフェクトかけたおもちゃっぽい音とか、ズレまくりのアンサンブルとか、女の子の方の下手なアイドルっぽい振る舞いとか、もう全編脱力しまくり。最後にカラオケで踊りながらダフト・パンクを歌うってのが、また見事なトホホっぷりで素晴らしい。テキトーに遊んでますってな無意味っぷりがたまらんって感じでした。

全然関係ないんですが、今日、大竹伸朗『全景』のカタログが届きまして、話には聞いていたけどすっごいですねこれ。もんのすごく重くて分厚くて、広辞苑どころじゃなくて、こりゃもはや「本」じゃなくてオブジェっていうか、「枕」ってか「腰掛け」っていうか。置き場所に困るって感じで。ページめくるのもひと苦労だから、まだロクに見ていないです。
posted by デンスケ at 02:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。