2007年11月22日

植草甚一

世田谷文学館で植草甚一の企画展をやっていて、もうすぐ終わってしまうようなので、見てきました。まあ規模自体はさほどのものじゃないんですが、初めて見るものばかりで楽しめました。なんつっても一番おもしろかったのが手描きのハガキ。友人とかに出したヤツで、やたらといっぱい展示してあるんですね。必ずコラージュやイラストが入ってて、どれもめっちゃポップでユーモラスだし、味ありまくりの彼の直筆の字も含めて、1個のアート作品って感じ。大竹伸朗のスクラップブックとかもそうだけど、こういうミニチュアなメディアっていいですね。小さくて限られてるからこそおもしろいというか、そこに宇宙があるみたいな。なんか豊かでいいなあっていうか。

この人って、なんとなく荒木経惟に近いイメージがあるんですよね。年取っても元気で、バイタリティがあって、やたらとよくしゃべって、好奇心が強くて、自由な感じがして、飄々としてるけど言うことはスルドイみたいな、そういうところ。背は低いけどインパクトあるっていう風貌もそうだし。まあ荒木はともかくとしても、やっぱ「自由で豊かな人」というのを改めて感じましたね。企画展の図録(内容濃くてビックリ)を買って帰りました。
posted by デンスケ at 03:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。