2007年09月24日

ドット・アリソン

渋谷ネスト。初めて見ました。編成はアコギ2人(うち一人は日本人)だけを基本に、曲によってドンカマとかハーモニウム(みたいなの?)とかが入ったり、本人もアコギ弾いたりと若干変わるけど、ほぼアコースティックで、最新作のモードそのままって感じですね。もうちょっとエレクトロが入ってくるのかと思っていたんですけど。

この人はハイトーンでアシッドで適度な厭世感もあるという、いい声の持ち主だと思うんですが、でもニコとかみたいにすごく強烈ってわけでもないと思うので、声だけじゃなく演奏もニュアンスを与えてひとつの世界を作る、というタイプだと思うんですね。演奏の重要度が高いという。そういうところで、演奏がいかにも伴奏っぽくなっちゃうとちと今ひとつなんだけど、でも本人のアコギがすごく繊細ではかない感じで声に良く合っていたりとか、日本人じゃない方のアコギの人と2人だけでやった曲が、すごく濃密な空気感を醸し出していて良かったりとかね。演奏、というか音色によって曲の印象がだいぶ変わるって感じでした。

そんなんでいろいろでしたが、後味は良かったです。あとアンコールにやったマッシヴ・アタックの曲が、あまりにズッパマリで美しくて、素晴らしかったですね。

で、帰宅したら阪神今日も負け、これで4連敗ですか。石井にたった2安打ってさあ…、シーツ外したのは快挙だと思うけど、ここまで打てないともう絶句ですよ。おまえらやる気ねえだろって感じですよ。いやまさかこの時期になってこんな覇気のない状態になるなんて、これじゃ交流戦以前に逆戻り、ってか、92年だかの、優勝8割方間違いなしって状態から9連敗とかして結局ダメだった、というのを思い出しましたよ。もうあの10連勝がピークで、全部夢でした、いい夢見させてもらいましたってことになるんでしょうか。いや、それはあかん、あかんよ岡田…。なんとかしてくれよー。
posted by デンスケ at 01:09| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。