2007年09月16日

テニスコーツとか

渋谷ネストで、テニスコーツ、テープ、ミナモ。テープとミナモは共演作を出すだけあってずいぶん似通った印象で、どっちもドラムレスでギターの入ったアコースティック・エレクトロって感じ。終始淡々としているのも同じ。テープの方は時折音色やメロがきらめく瞬間があったりして、印象はよさげ。

テニスコーツもドラムレスで、鍵盤にギター2本にオルゴールみたいな音を出す人の4人という、なんかよくわかんない編成。そこにテープのメンバーが加わる。新作の感じそのままに、演奏面でのあれこれよりメロを聴かせる方を重視してるようで、即興パートになってもそんなにおおっという展開にはならず、終始静謐なたたずまい。それはそれでスジ通ってる感じはしましたが、スリルはちと不足気味って感じですか。

こういう隙間とか空間とかがバーッとあって即興主体の演奏って、聴き手側の想像力とか、どれだけ演奏の中に入っていけるかとか、そういう姿勢を問われるようなものだと思うんですね。聴き手側次第でツボにハマるかつまんないかが分かれるっていう。とすればこの日のおれは、寝不足で行って、終始立ちっぱなしで見る状況というのもあって、なんだかヌボーッと見てしまって、能動的に入っていくことができなかった、というか、しなかったんですね。そういうんで、なんかのっぺりした印象のライヴになっちゃいました。
posted by デンスケ at 03:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。