2007年06月19日

最近おもしろい漫画

だいぶ前にも書いたことありましたが、今おもしろい漫画ベスト5を並べてみました。

1/ディアスポリス(モーニング)
2/へうげもの(モーニング)
3/太陽の黙示録(ビッグコミック)
4/イカロスの山(モーニング)
5/プルートゥ(オリジナル)

ちなみにおれはモーニングとビッグコミックとオリジナルしか読まないので非常に狭い範疇なんですが、今はモーニングの一人勝ちですね。めっちゃおもしろいです。この雑誌はわりと浮き沈みがあると思うんですが、今は過去を含めてもピークに近いくらいのおもしろさなんじゃないでしょうか。

で、『イカロスの山』とゆうのが今、主人公が死んでるのか生きてるのかっていう緊迫した状況なんですが、ちと引っ張りすぎな感があるんですね。いい加減はっきりしろよっていう。それで思うのが、「引っ張りすぎ」と「じっくり描く」ってのはまったくの別物ってことで、そこんところの境界線をきっちり見極めてくれないと、作品としてズルズルつまんなくなっちゃうと思うんですね。「あー引っ張ってる」って感じちゃうととたんにシラケちゃうっていうか。『ジパング』なんか、もうとっくにその境界線越えちゃってて、いつまでやってんだ勝手にしろって感じですよ。『イカロス』はまだギリギリな感じはしますけど。ああっ平岡は生きているのか!?って感じで。

なんかその境界線というところ、つまり来週号も買わせるために水増し的に話を引き延ばすか、それとも作品としての必然を優先させるか、そのどっちに転ぶかで、後世に残る作品になるかそうでないかが決まる、みたいな気がするんですよね。なんてちと大袈裟ですが。にしても『ディアスポリス』と『へうげもの』はほんとに最高です。
posted by デンスケ at 05:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。