2007年06月30日

オニキユウジ

昨日29日は午後取材2本、夜ライヴと珍しくあわただしい日でありました。ライヴは青山月見ル君想フでオニキユウジ。この人はひと月ほど前に取材したのですが、ライヴを見るのは初めてです。ついでにこのハコも初めて。はあ、こうゆうところなんすか、って感じで。

最新作のメンバーが全員参加して、全曲曲順どおりそのままやるという趣向で、曲間でMCいっさいなし拍手も禁止。そういう緊張感を自らに課したのが見事にいい方へ転んだといいますか、一発録りのレコーディングを見ているような、気合いの入ったいい演奏でした。特にポップ鈴木のドラムス、ずいぶん久しぶりに見ましたが、この人好きなんですよ。相変わらずのやわらかなアタックとか、演奏が高揚するところでは絶叫しながら叩きまくるとか、力の抜き加減や入れ具合が絶妙で良かったですねえ。

7人もの大所帯で、ヴァイオリンを中心に音像がぶわっとしたふくらみのあるものになって、風景が見えるような感じになっていくところが、このバンドの良さなんじゃないでしょうか。言葉とメロディーだけじゃない表現力があるというところ。その良さがライヴだとよりはっきり出ていたんじゃないかと思いますね。特にノイ!というかジャーマン・トランス風のインタープレイが延々続くところなんかは、やっぱライヴの方が高揚感とかトランス感覚とかがけた違いで、大変コーフンいたしました。
posted by デンスケ at 14:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

山本+芳垣

夕方6時から青山一丁目で取材がひとつあって、そのあと新宿へダッシュで移動、新宿ピットインで山本精一+芳垣安洋デュオ。いやこれがもうさ・い・こ・う、マジで素晴らしかったです。

だいたい最初は二人で全然違うことやりつつ、仕掛け合いをしながら次第に近寄っていくって感じだったんですが、息がピタッと合ってからノイズぶちまけながら高揚していくところが、もう得も言えぬ快感というか、全身総毛立つくらいの興奮がありました。特にラストの歌謡ブルース→痙攣ノイズまき散らしが最高。ちょっと想い出波止場を思い出したというか、これぞ山本真骨頂って感じですよ。

そういうノイジーなセッションを中心に、なんかアコギでスパニッシュっぽいのとか、ポップ・グループを思いっきりねじれさせたようなのとか、いろいろやってましたけど、一言でいえば骨太で武骨なパンクという感じ。山本さんが即興モードの時は内面的な、闇の方へ行くことが多いと思うんですが、この日ほぼ外向きの攻撃的な、どアッパーなノイズがほとんどで、それは相手が芳垣さんだったからなんでしょう。この二人がやると、どうしても骨太とか男気とかの方へ行くってことなんでしょうね。相性がいいということですか。それにやっぱデュオはおもしろい。即興はデュオに限る。

最近は山本さん関係のライヴがごぶさただったんですが、この日はMCとかも絶好調で、久々にこの人の変人ぶりを思いっきり堪能しました。今年見たライヴの中じゃダントツですね。
posted by デンスケ at 02:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

キセル

渋谷クアトロ。ずいぶん久しぶりですね、このバンドは。新曲中心だったようなんですが、メロディーの明瞭な曲が多く、またベース・ラインもかなり強調されていて、ふわふわとかっていうより輪郭がはっきりしているという印象。そのメロディーは童謡っぽいほのぼのしたものが多くて、やっぱりナゴムなあという感じでしたが。

それと、そのキセルの前に出たグッドラックヘイワ、初めて見たんですが、これがかなりおもしろかったです。鍵盤とドラムスのデュオで、歌謡ジャズみたいなノスタルジックっぽいメロディーをやってて、二人ともすごくうまいしセンスも抜群。メデスキが歌謡ジャズやってる感じ…というとちと言い過ぎかもですが、デュオ編成の良さを最大限に生かしてる感じでね、良かったですね。

クアトロも久々だったんですが、相変わらずここは冷房効き過ぎですねえ。長袖で行ったのに寒かったです。
posted by デンスケ at 00:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

最近見た映画

最近つってもここ1〜2ヶ月くらいなんですが。時期はずれのものばっかりで恐縮です…。

●硫黄島からの手紙
二宮和也の嫁が裕木奈江ってのにビックリ。どーゆーこと? 10歳くらい離れてるでしょうが。どう考えても無理あるでしょうが。しかし絵的にはすんなり馴染んでましたが。どうゆう経緯でこういうことになったんですかね、全然知りませんが。ああ裕木奈江、10年くらい前までは良かったなあ…、『北の国から』とかさ…。

●星になった少年
蒼井優出番少なすぎ。しかも箸にも棒にもかからぬ役どころって感じで、まったく見どころなし。それ見たくて借りたのに、じぇんじぇん意味なし。あと常盤貴子ウザイ。なんでしょうかあの鼻につきまくりの演技は。おれこの人昔っから大っ嫌い。

●ストロベリーショートケイクス
なんか岡崎京子の『PINK』を思い出したりしました。「リアルじゃないように見えて実はこういうのがリアル」って言いたいのかなと思ったんですが、でもやっぱりリアルとは思えなかったです。なんか「どや!ビックリしたじゃろ?」的な場面とかセリフとか多くてハッタリ臭いなあと思ったし。そういうところは80年代的=岡崎京子的なのかも。でも『PINK』と決定的に違うのは、子供及び老人がほとんど出てこないところで、奥行きとかふくらみに欠けるというか、窮屈というか。視点が完全に女性側というのも、また窮屈な印象を持ってしまいました。

●復讐するは我にあり
これはオマケ。数ヶ月前にこれのテレビドラマ版ってのを見て、お話としてはおもしろかったんですが、主演の柳葉敏郎がもう壊滅的及び絶望的に存在感まったくなしで、「榎津はこんなんじゃねえ!」って感じで、映画版を久しぶりに見たくなったんですね。ああっ緒方拳やっぱりかっこよすぎ。ニターリと笑うところの憎たらしさとか、殺す時の狂気たっぷりの表情とか、たまらんです最高ですハアハア。ババア役の清川虹子がまた味ありまくりで素晴らしい。うーん年寄りのいい映画は良い。

全然関係ないんですが阪神、日本ハムに勝てません。週明けからしばらく試合ないし、この2連戦はガッツリ見ようってんで、今日は昼間っから仕事もせずテレビに見入ってたんですね。したら11回まで引っ張ったあげく負けちゃって、なんかダメージデカくて、未だに仕事全然はかどりません。はあー。
posted by デンスケ at 23:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

最近おもしろい漫画

だいぶ前にも書いたことありましたが、今おもしろい漫画ベスト5を並べてみました。

1/ディアスポリス(モーニング)
2/へうげもの(モーニング)
3/太陽の黙示録(ビッグコミック)
4/イカロスの山(モーニング)
5/プルートゥ(オリジナル)

ちなみにおれはモーニングとビッグコミックとオリジナルしか読まないので非常に狭い範疇なんですが、今はモーニングの一人勝ちですね。めっちゃおもしろいです。この雑誌はわりと浮き沈みがあると思うんですが、今は過去を含めてもピークに近いくらいのおもしろさなんじゃないでしょうか。

で、『イカロスの山』とゆうのが今、主人公が死んでるのか生きてるのかっていう緊迫した状況なんですが、ちと引っ張りすぎな感があるんですね。いい加減はっきりしろよっていう。それで思うのが、「引っ張りすぎ」と「じっくり描く」ってのはまったくの別物ってことで、そこんところの境界線をきっちり見極めてくれないと、作品としてズルズルつまんなくなっちゃうと思うんですね。「あー引っ張ってる」って感じちゃうととたんにシラケちゃうっていうか。『ジパング』なんか、もうとっくにその境界線越えちゃってて、いつまでやってんだ勝手にしろって感じですよ。『イカロス』はまだギリギリな感じはしますけど。ああっ平岡は生きているのか!?って感じで。

なんかその境界線というところ、つまり来週号も買わせるために水増し的に話を引き延ばすか、それとも作品としての必然を優先させるか、そのどっちに転ぶかで、後世に残る作品になるかそうでないかが決まる、みたいな気がするんですよね。なんてちと大袈裟ですが。にしても『ディアスポリス』と『へうげもの』はほんとに最高です。
posted by デンスケ at 05:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

ロッテ戦

いやビックリしました昨日のロッテ戦。5回くらいまでテレビ見てて5対2で負けてて、途中外出して携帯見たら7対2になってて、じわじわ点差が開いていくいつものパターンでまったく勝てる気配なしだったのに、帰宅してHP見たら9回に9点入って勝ってる! どうゆうこっちゃ? どうやってこんなに点入ったの? って感じでボーゼンとしてしまいました。

夜再放送していたのでじっくり見たんですが、うーん、よくわかりません。完全ロッテペースで来てて、ピッチャーが替わったわけでもないのに、なんであんな堰を切ったようにバカスカ打てたんでしょうか。ヤケクソ・パワーというか、なんかがツボにハマったというか、そういうモンが奇跡的にうまく働いた、みたいな感じなんでしょうか。こんな試合年に一度あるかないかって感じですよね。

とにかくロッテ戦は一昨年のシリーズ以来トラウマ的なモンがありますからね、これまでのウップンを晴らしたみたいな、しごく痛快な試合でありました。今日も勝ってくれー。
posted by デンスケ at 13:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

西武戦

を見てきました。阪神の試合をナマで見るのは初めてでして、大変コーフンいたしました。うおー金本があんな近くに!的な感じで。最近じゃ珍しく打線もつながって、僅差のいい試合だったけど、はあ、今日も勝てず。おれが行っても勝てないか…、なんつって。
posted by デンスケ at 00:25| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

また完封負け

んがー、2試合連続完封負け、しかも今12球団で一番弱い西武に1点も取れないってのはどうゆうことよ。今日はもう我慢ならん。あのさあ、打てないなら打てないなりに点取れるように工夫しろよ。得点圏で打てないんだから、楽天の野村みたいにノーヒットでも点取れるような野球しろってんだよ。つってもバント失敗ばっかだし、細かい野球できないし。もう野手全員、素振りしなくていいからバント練習しろバント練習。

だいたい負けても満員になるし観客動員で巨人抜いたとかいって、岡田も選手もヘンなプライド持っちゃってさ、だからダメなんだよ。そんな状況じゃないでしょ。今のままじゃプレーオフどころか最下位だってあり得るでしょ。あームカツク。すいません、ファックオフな日記で失礼しました。
posted by デンスケ at 00:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

石橋+吉田とか

原稿遅れまくりでずっとヒイヒイいってたんですが、はあ、今日はようやくビール飲めるかしらって感じで、ううー。

で、石橋英子+吉田達也の新作がですね、めちゃくちゃおもしろくてですね、今月聴いた新譜の中じゃダントツに良かったです。なんつっても、ああっ、石橋さんのベリーベリーキュートでスウィートでマシュマロみたいな歌声がもう素晴らしすぎ。その声が吉田のド変態なドラムスとかヴォーカルに毅然と立ち向かっていく、みたいな構図がたまらんのです。石橋さんがんばれ、あんな変態に負けるな、ってな感じで。よくわかりませんが。うーん石橋さんヤバイ。ある意味ソロよりおもしろかったかも。
posted by デンスケ at 04:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

ブルー・ハーブ

にインタヴューした記事が、↓に載ってます。発売中のようです。これねえ、取材3時間、全14ページ分、もう起こしで死んだのですよ。やってもやっても終わらなくて、泣きながら起こしてましたよ。なので! ぜひぜひ! ご興味がありましたらお読み下さいませ。

http://blog.livedoor.jp/indies_issue/
posted by デンスケ at 03:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。