2007年04月30日

元ちとせとか

こないだ仕事で清水ミチコのアルバムを聴いていたら、元ちとせの物真似をやってて、おお元ちとせいたなあとか思って、なんか聴きたくなってファーストを久々に聴いてみたんですが、いやあやっぱりいいですねえ。歌はもちろんいいんだけど、なんつってもサウンド・プロダクションが素晴らしい。あの声に対して、音響重視の音数の少ない、でもちゃんとガツンとくる主張のある音で、しかもレゲエ混じりっていう、ほんと絶妙ですね。声がすごい、でも単純に声を生かすってだけじゃダメ、というところで、もうここしかないっていうくらいの絶妙な落としどころだったんじゃないでしょうか。

この人、セカンドで激しくガッカリした覚えがあるんだけど、セカンド以降ではその声に頼りすぎてたように思うんですよね、オーケストラとやるとかさ。あとなんかスケールでっかくなっちゃって、愛と平和を歌うみたいな感じになっちゃったとか。おれの中ではそういう人じゃないんですよね。3枚目とか、最近どうしてるとか知らないけど。逆に1枚目が特別だったということなんでしょうか。なんか今更元ちとせ語ってどうするって感じなんですけど、突如思い出して、あーなんかもったいないかもとか思ったわけです。

しかし世の中連休ですねえ。連休なぞ関係ないってのは毎年のことですけど、はあ、でも昼間っからパソコンに向かってシコシコやってるってのは、なんつうかムナシイというかトホホな感じではあります。今、ちょっと長めの起こしやってて、ああっ起こしとは出口の見えないトンネルの如しなり、とでもいいますか。や、愚痴というか弱音で失礼しました。
posted by デンスケ at 03:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

天皇賞

G1とは名ばかりの低レベルなメンバーで、ああやっぱり競馬界は非長距離傾向に拍車がかかってんのねっていいますか、長距離好きなおれとしては嘆かわしい限りって感じなんですが。となれば荒れるんでしょうなと思っていたのが、しっかりG1馬が来て、終わってみれば誰もがそれなりに納得みたいな。春天の面目は保たれたって感じで。

おれはメイショウサムソンってもう終わってんでしょ、ましてや長距離じゃダメでしょ、って感じだったので消したんですが、はあ、腐ってもG1馬ですね。最後のひと伸びは大したものでした。石橋守のインタヴューも、ちょっとウルウルな感じで良かったですね。今週から6週連続G1ですからね、毎週楽しみです。
posted by デンスケ at 16:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

ヴォアダムス

新木場スタジオコースト。ぬあんとEYEがダイヴしたのですよ。終盤の「スーパー・ゴー」で、ダーッ、ビャーッ、スパーンって感じで。ああっEYEのダイヴなんて何年ぶりかしら、ヴォアになってからはやってないから7〜8年ぶりでしょうか。おれはずっとこれが見たかったのよ、どんなに演奏良くてもEYEがダイヴしねえとなあ的なのがずっとあったから、今日はもうそれに尽きるのですよ。他のことはどうでもいいです。てか、正直演奏微妙っていうか、ファンク〜ミニマル・ハード・ロックってな感じで、うーんアガんないなあっていうか、最後のスーパー・ゴーで強引にまとめたみたいな感じで。でもダイヴであー今日はもうこれでオッケー満足、ってなっちゃいました。

しかし、ヴォアでは今までどんなに盛り上がってもダイヴやんなかったのに、なにゆえ突然やったんでしょか。サーストンにいいとこ見せたかったとか?
posted by デンスケ at 02:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

皐月賞

げげー、なんでしょうこれは。直線半ばになっても後ろからなんにも来ない! やっとフサイチホウオー来たと思ったら時すでに遅し、典型的前残りっていうかまんまと逃げ切られたっていいますか。てかアンカツも武も警戒しすぎてナンも力出せないまま終わっちゃいましたって感じで、なにやっとるんじゃコラって感じ。

近年の皐月賞はほんと荒れますね。やーでも、いくら本命不在つっても、ヴィクトリー→サンツェッペリンってそらなかなか手が出ませんよ。ダービーはどうなるんでしょか。ホウオー負けて強しの印象はあるけど、うーん。
posted by デンスケ at 16:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

メゾン・ド・ヒミコとか

昨日、打ち合わせで久々に高円寺に行ったら、駅がビルになっててビックリしました。ホテル・メッツとかになっちゃってて。高円寺は10年くらい前まで住んでたんですが、いやー、全然知らなかったからしばし唖然。まあそれ以外はさして変わりなしって感じですが。

話変わって、夕べ映画『メゾン・ド・ヒミコ』を見まして、いや相当時期はずれなんでしょうけど、これはかなりいいんじゃないでしょうか。ここ1年くらいで見た映画の中じゃずば抜けて良かったです。ゲイを扱いつつ、すごくあったかい感じとか、すごくクールな感じとか、あるいは問題提起とか、そのいずれにも行きすぎていなくて、でもそのいずれの要素もあるという、しごく絶妙な塩梅が実にツボでした。過剰な方に行かないというところがね。

この犬童って監督、よく知らないし別に好きとかじゃないけど、『ジョゼと虎と魚たち』もすごくハマったし、ツカミどころっていうか琴線に触れるなにかっていうか、そういうモンを知ってるみたいなところがあるような。『ジョゼ』はババアが良かったけど、今回は卑弥呼の田中泯が良かったです。年寄りがいいってことなんですかね。
posted by デンスケ at 01:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

中日戦

はあー、結局引き分けですか。ずっと決着付かないで、やきもきしっぱなしで、仕事しようにも気になってばかりで、なんかもう疲れました。まあ序盤で3点差付いてこれまでだったらズルズル行きそうな感じだったのに、8回でよく追いついたよ。林エライ。JFK全部投入して勝てなかったのは痛いけど、でもあの展開で負けなかったのは良くやったんじゃないでしょうか。決定打不足は相変わらずだけど粘りが出てきたっていうか、打線は上向きかもってことで。緊張感のある、いい試合でした。
posted by デンスケ at 23:08| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蒼井優

最近、蒼井優の出てる映画を立て続けに見てまして、ここ半月くらいで『ハチミツとクローバー』『フラガール』『ニライカナイからの手紙』の3本を見ました。だいぶ前に見た『1980』『花とアリス』と合わせると5本になりまして、それでなんとなく感じたのが、「蒼井優マンセー度」と「映画としての良さ度」が決して比例しないということなんですね。ちょっと順位にしてみました。

●蒼井優マンセー度
1 1980
2 ハチミツとクローバー
3 花とアリス
4 ニライカナイからの手紙
5 フラガール

●映画としての良さ度
1 1980
2 フラガール
3 ハチミツとクローバー
4 ニライカナイからの手紙
5 花とアリス

ま、あくまでもおれの個人的好みなんですが。つまりね、蒼井優ってハマる映画とそうでない映画があると思うんですね。この人は資質としてすごくぶっ飛んだアヴァンギャルドなものがあると思うので、そこに着目した映画でないと彼女の資質を生かせないんじゃないかと。不思議系とかよくわかんない人って感じの役柄だとずっぽりハマるんだけど、フツーっぽい役だとそれをこなせても彼女の良さが十分には出ない。たとえば『ハチミツとクローバー』はズッパマリだと思うんですが、『フラガール』なんかは、あれ別に蒼井優じゃなくても、たとえば宮崎あおいとかでもいいんじゃないかっていう。

で、そこが一番うまくいったのが『1980』ではないかと思うわけです。『花とアリス』は、役柄にはハマってるけど別に大した作品じゃないでしょって感じで。要するに存在感強すぎると思うんですよ、この人。『ハチミツとクローバー』なんか、他の人と存在感が違いすぎて、明らかに浮いていたと思うんですよね。そこが良さなんでしょうけど、だから使う側にしてみれば、決して使いやすい人じゃないと思うんですけどね。

や、なんか、蒼井優について語ってしまいました。まあつまるところ蒼井優萌えっていいますか最高でしょうってことだけなんですけど。はは。

それと阪神、今日は快勝でよかったよかった。今日はわりと安心して見られました。特に最後の藤川の3者三振、スカッとしたぜ!
posted by デンスケ at 02:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

桜花賞とか

昨日(てか今朝)ようやく仕事がひと段落して、まあほっと一息という感じで、今日はナゴヤカな一日でありました。まず桜花賞ですね。ウォッカ鉄板だろってんで流しで手広く買って、ヒモに人気薄来たらうれしいなって感じだったんですが、すんごい固い決着でガックシ。ウォッカ直線意外に伸びず、勝ったダイワスカーレットより先に出ることは一度もなかったという、まあ完敗ですね。この馬案外早熟だったりするのかしら。

その後、新宿ツタヤで借りていたDVD2枚を、結局一度も見ないまま返却。と同時に別の2枚を借りる。他、CD2枚、漫画2冊、雑誌1冊を購入。しばらく外に出ていなかったので、あんま意味無くてもつい買っちゃうんですね。合計しても大した額じゃないけど、この程度でも物欲を解放するのは気分がいいです。

で、帰宅して阪神敗戦を知る。あのさあ、阪神の野手全員今夜は素振り千回やれってんだよ。特に濱中、おまえもう試合出なくていいからキャンプからやり直し。林いるし。巨人に負けるのが一番頭来るのに、その中でも一番嫌いな高橋尚に完封されるなんて、もう最低最悪ですよ。うー、今年の巨人って特に嫌い。その高橋が先発に戻ってきたり、同様に嫌いな谷とかいるしさ、とりあえず巨人に負けるのだけはカンベンして欲しいのに、最初から負け越しってもう憤懣やるかたないって感じで。

今吾妻ひでおの『うつうつひでお日記』を読んでて、すぐ感化されるタチなので、なんかそれっぽい日記になってしまいました。
posted by デンスケ at 02:32| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

巨人戦

うー、勝つには勝ったけど胃が痛いってか疲れるわー。負ける時は昨日みたいにボロクソ的で、勝つ時は今日みたいに僅差で辛勝って感じだからねえ、ほんとヒヤヒヤですよ。最後の場面とかシビれたけどね。今日は林が打ったから良かったけど、打線もうちょっとなんとかならんかね。チーム打率2割2分ってちょっとひどすぎ。JFKに頼りすぎ。こんな勝ち方ばっかりじゃもたないって。とにかく明日はもっと打って勝ち越してくださいませ。
posted by デンスケ at 22:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

パンダ・ベア

の新作、いいですねえ。前作もすごく好きだったんですが、今回はそれよりもっといいんじゃないでしょうか。サイケデリックでドリーミーでドラッギーなめくるめく一大音響絵巻って感じで。ちとEYEっぽいアートワークも最高。アニマル・コレクティヴ周辺はここのところすっかり音沙汰なくて、なんか個人的に終わっちゃった感があったんですけど、これを聴くとまだまだ全然おもしろいですね。フリー・フォーク未だ死なず、みたいな?

この人来日とかしないんですかね。ホルガー・シューカイみたく、一人でシーケンサーとかアコギとかいじりながら歌うってな感じでライヴやるとかね、そしたらアニコレより絶対おもしろいと思うんですが。はあ、今ちょっと原稿煮詰まり気味で、現実逃避な日記でした。
posted by デンスケ at 04:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

阪神連勝

開幕先発が下柳で2戦目以降が能見〜小嶋ってのはねえ、今年の台所の苦しさをよく表してると思うんですが、それで2勝1敗なんだから良しとしましょう。昨日なんか押し出しでやっとこさ勝ったという感じだったし、今日も4回以降点取れずで、相変わらず打てないけど、今年もこういう、僅差をJFKで守っていくというパターンでしか勝てないっていうことですね。毎試合スリリングで胃が痛くなるって感じですが。でも今日の藤川は良かったねえ。3者三振でスカッとしました。野球は楽しいです。
posted by デンスケ at 18:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。