2007年03月07日

!!!

渋谷ラママ。やー、これまでこのバンドのライヴを見た中で一番良かったです。とにかく音が良い。バンド全体の音がカタマリになってガツンとくるって感じで、感覚としてはモノラルっぽいお団子な音なんだけど、それがめっちゃダイナミックで痛快で、このバンドの良さがストレートに伝わってくるんですね。ファンクなんだけど出音の感触はハードコアって感じで。大ステージのクリアな音より、こういう狭いハコの汚い音の方が、このバンドには合うと思いましたね。

で、それもアンサンブルに一体感があるからできることで、やっぱこういうコミューン的バンドは一体感が違いますね。アンサンブルすっごくいいし、なんかの楽器が飛び抜けたりしないで、常に全体で動いていってるって感じだし。そういうバンドの特性が、こういうハコだからよりはっきり出ていた、みたいなライヴでありました。

しかしニック・オファーの例のクネクネ・ダンスって、もはやひとつの芸風だと思うんですが、あれって「ヒゲダンス」みたいなもんだよなあって思って、あんな一生懸命やってんのになんか笑っちゃうんですよね。やっぱそういう、バカなところというかトホホなところが、またこのバンドの良さといいますか。ほんといいバンドですね。
posted by デンスケ at 02:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。