2007年02月24日

大友良英

午後原宿でフォーマットというバンドの取材があって、その後お茶の水に移動、ユニオンで『ライヴ・イン・ハトヤ』、ジャニスで数枚レンタル、中古ジャニスで幻の名盤解放歌集『お願い入れて』を購入、その後浅草へ。

で、浅草アサヒアートスクエアで大友良英サントラ『幽閉者』レコ発。フロア中央に6人のプレイヤーが円形に陣取って、音は四方からサラウンド的に聞こえてくるという形式。リズムがなく持続する音もなく、しかもいわゆる「楽器」はギターとハープくらいで、コインの落ちる音とか皿の音とかものを叩く音とかっていう「物音」がほとんどで、相互の関係性もなくて、それが延々と続くんですね。だから、サントラ盤でやっていたことを拡大させた、ミュージック・コンクレート・セッションという感じでしょうか。

その物音がただ鳴ってるというんじゃなくて、全体でひとつの方向性みたいなものがあって、しかも尋常じゃない緊張感が漂っていて、だから異様に引き込まれるんですね。その方向というのが、たぶん映画の色なんだろうけど、深海の底というか暗闇まっただ中って感じで、恐怖を感じたくらい。で、最後の10分くらいでずおおおおって音量が大きくなっていって、もうほんと奈落の底みたいな音像になっておしまい。

いやあ、なんか、すごかったですねえ。サントラ盤もすごかったけどライヴはまた別のすごさがあったというか。ミュージック・コンクレートによる、ラジカルな意志にまみれたセッションとでもいいますか、あまりにインパクト強すぎて唖然としました。こういうことを、これだけのスケールでできるというのは、ほんと大友さんくらいなんでしょうね。終演後、楽器(というかモノ)がどうなっていたのか気になって見に行ったら、各担当楽器のまわりにやたらと人だかりができていて、皆写真を撮ってて、そんな風景って普通ないからねえ、そういうところにもこのライヴの特異さが出ていたような。おれもつられて写真撮ってしまったんですが。

んで、今『お願い入れて』を聴いてるんですが、これヤバイっす最高です。もう爆笑しっぱなし悶絶しまくりです。特に「ミミの甘い生活」とか「ラリラリ東京」とか、もう絶句、すごすぎ。
posted by デンスケ at 02:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。