2007年02月15日

ヴァーミリオン・サンズとか

ヴァーミリオン・サンズ、こないだレヴュー書いたんですけど、これはちょっとすごいんじゃないでしょうか。こういう、音圧に押しつぶされそうになる感じとか、なんか得体が知れなくてゾクゾクする感じとか、ずいぶん久しぶりって気がします。てか国内のバンドの新作でここまで手ごたえがあるって、ここ数年じゃ一番って気も。今年のベストテン入りは確実ですね。ライヴ見てみたいです。

それと、先日出た細野晴臣クラウン時代ボックスもよいですねえ。音質、デザイン、ブックレットのいずれも素晴らしい出来という、非常に完成度の高いボックスだと思いますね。これも今年のリイシュー・ベスト確実。なんつってもこれ、ユニオンで買ったらTシャツもらったんですけど、いやCD買ってその場でTシャツもらえるってすごいなあと。なんかちょっとない満足感がありましたね。最近仕事以外で聴くものというと、これと70年代ファンクと電子音楽を順繰りにリピートって感じです。
posted by デンスケ at 01:42| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。