2007年02月05日

PARA、LIVE LOVES

渋谷ネスト。2つめに出たヒラとかブラボー小松とかのバンド、LIVE LOVESはずいぶん前から話は聞いていたんですが、一度も見たことなくて、ようやく見ることができました。メンバー5人全員ギター+リズム・ボックスという特異な編成なわけですが、「ゲット・イット・オン」とか「スタート・ミー・アップ」とかのイントロみたいな、ブギっぽいギター・リフをモチーフにして、それをミニマルに延々繰り返してるって感じでしょうか。グラム・ロック・ミニマル・インストとでもいいますか。

ギター5人もいるのに、なんかわざとペナペナな感じにしてるっていうか、チープな感じにしてて、そこがキモなのかなあと。ユニゾンになるところだとぐわーんと壁みたいな音になるけど、それは例外っぽくて、だいたいはテケテケペナペナってやってる感じ。一応展開はあるけどソロ・プレイは皆無で、終始平坦で、盛り上がりとかないし。なんか、かわいらしい音って印象。AOAやってた人が今こういうのやってるというところで、興味深くはありましたね。トランスとか90年代云々とかはもはや遠い彼方…、みたいなね。

そういうところでいえば山本さんのPARAもミニマルなわけで、盛り上がるの禁止とかのところで、ああやっぱり通じてるんだなっていうか、両者ともちゃんと今の音を出してるっていうかね、なんか感慨深くなったりしましたね。

PARAは二度目だけど、やっぱりいいですねえ。何度見てもおもしろいです。今日は、やっぱりダンス・ミュージックだよなあっていうところを強く感じましたね。リズム複雑だし変拍子入ったりして踊りづらいけど、それでも踊る気にさせるっていう音のありようが、ダンス・ミュージック的だよなあと思いました。
posted by デンスケ at 00:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。