2007年01月29日

二階堂+内橋

神楽坂シアターイワトで、二階堂和美+内橋和久。即興っぽいのかなと思っていたら、二階堂の歌とアコギに内橋がSEっぽいギターで彩りを添えていくというのが多くて、わりと曲重視な感じでしたな。

その内橋のギターがいろんな音色を出してて、その中でもテルミンみたいな音のヤツが、すごくストレンジで一番おもしろかったです。エフェクターを普通に足元に5〜6個並べてるのと、さらに台座みたいなのにまたたくさん並べていて、プレイ中でもそれをいじくりながらやってたけど、あのテルミン風ってどうやって音作ってたのかしら。この人のギターって、最近誰かが七色の音色とか言ってたけど、ほんとそんな感じですね。この前見たコンボピアノでのブチギレ・ノイズも良かったし、やっぱすごい人だなあと。

後半は二階堂ソロで歌謡曲カヴァー・コーナーとかもあったり、レア曲も多かったり、2時間半くらいの長いライヴだったけど内容てんこ盛りで、堪能しました。


posted by デンスケ at 00:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

日本の電子音楽

やや分量のある原稿を昨日からやってまして、それが遅々として進まず悶々としていたんですが、深夜になって集中できて一気に書いて、さっき終わったところです。はあ、しんどかったけどスッキリしたわー。

で、最近、オメガ・ポイントというところから出ている『日本の電子音楽』という発掘もののCDシリーズにハマってまして。まず昨年暮れに最新の一柳慧を買ったらこれがめっちゃおもしろくてですね、全部で5作品あって、「シリーズものはひとつ買ったら全部欲しくなる」のが常なので、1枚ずつ買っていって、今は4つ揃いました。「2」だけ見つからないんですが。手作りっぽい独特の紙ジャケ風仕様もいい感じで、集める気にさせるんですね。

こういう現代音楽系というかミュージック・コンクレート系の電子音楽は、以前にも何度かハマったのですが、リズムがなくて広大な音響空間になってるのがおもしろいというのと、ひんやりしていながらも音色は人肌のぬくもりがある、みたいなところが魅力だと思うんですね。音響作品としてすごく自由だし、聴いてて気持ちいいし。

しかし最近仕事以外で買うCDというと、こういう電子音楽か戦前ブルースばっかりで、なんだかジジくさいっていうか。でもまあ、今聴きたいものを聴くのが一番でしょうってことで。
posted by デンスケ at 05:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

勝井山本カブサッキ

14日、渋谷アップリンク・ファクトリーで、勝井祐二+山本精一+フェルナンド・カブサッキ。2部構成で、大まかに言って前半が「静」で後半が「動」で、ギターでいえば前半が単音弾きで後半がコード・カッティングってな感じでしたな。ダークな方に沈んでいったり陽性な方に上がっていったりしつつ、緩やかにうねっていくという感じで進んでいくのだけど、おれのツボだったのは陽性の方。特に前半の真ん中あたりで、3つの音が束になって春の日だまりみたいな音像になっていくところ、あそこが一番良かったです。ハートウォームなジャーマン・ロックってな感じで。その時の山本さんのギターがすごくやさしい音色で、ちょっと羅針盤の『はじまり』あたりに近い感じがして、良かったですねえ。カブサッキのギターも、こういうドリーミーな感じのやわらかいフレーズを弾く方がおれは好きですね。

全体としてはエゴ剥き出しっぽい即興重視の方向と、3人がひとつになった感じの音像重視の方向とがあったのだけど、個人的には、後半のぶつかりあう感じよりも、前述したような音像重視の方が良かったですね。この3人の場合ホントに好き勝手やるよりも、リズムがあって方向性があって、という方がいいんじゃないかと思いますね。攻撃的よりも穏やかな方がハマるというか、個人的にこの3人でやるのならそういう音を聴きたいというか。聴きながらああそうなんだな、って自分で認識したりしました。

全然関係ないんですが今フリクションの『レプリカント・ウォーク』とかの再発盤聴いてて、いやもう、さ・い・こ・う。こういうのがダイナミズムってんだよって感じで、死ぬほど音良くて死ぬほどかっこいいです。全曲歌いながら聴いてます。フリクションの再発シリーズのリマスタリングは、どれもほんと素晴らしいですね。
posted by デンスケ at 02:27| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

ドラびでお

今朝方、やや長めの原稿が終わって、これでようやくひと段落して、はあ、ホッとしました。もう今脱力しまくりで、もう今日は完全オフですよ。やっとおれにも正月がきたぜ、ってのはちと大袈裟ですが、まあそんな感じの気分であります。

で、もう3日前のことですが、12日、渋谷ネストでドラびでおワンマン。年越しヴォアダムスを除けば今年最初のライヴでありました。んー、おもしろかったし楽しかったんだけど、スピード感とかお笑いのキレとかがイマイチだったような。以前見た時ほどお笑いネタ満載ではなくて、もうあんまりお笑いの方じゃないのかな、とか思ったりしたけど、他の映像にしてもそんなにガツンとくるってわけでもなかったし。やっぱりこういう、最初のインパクトが強いスタイルだと、そのぶん2度目以降はちょっとキツイものがあるのかも、と思いましたね。鮮度を保っていくのが難しい、というか。

この日はドラムス・セット+映像のスタイルのみだったけど、入場の時にもらったDVDを帰ってから見てみたら、なんかパーカッションみたいなんで延々と電子音垂れ流すってことやってて、映像も実験的で、なんだこういうことやってんなら、せっかくのワンマンなんだから可能な限りのスタイルを全部披露するみたいな感じにすればよかったのに、とか思いましたね。つってもこの日は「ドラびでお祭」で「円盤ジャンボリー」なんだから、そういうわけにゃいかなかったんでしょうか。そういうことはスーパーデラックスとかでやれってことですかね。

でも猫ひろしとかビンゴゲームとか、あたしゃどうでもよかったし、エンターテインメントだけじゃない部分ももうちょっと見せて欲しかった気がします。あーでも、「映像と人間のジャンケンで野球拳をする」ってのはめっちゃおもしろかったです。個人的にはこれが一番ウケたかも。なんつっても映像のヌード・オババが最高でした。
posted by デンスケ at 14:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

ヴォアダムス

あけましておめでとうですー、今年もよろしくですー。

年越しは代官山ユニットでヴォアダムスを見てきました。0時10分前くらいに出てきて、最初人力ブレイク・ビーツみたいなのやって、カウントダウンがあって、ジャストにドッカーンで風船いっぱい落ちてきてビートが疾走していく、ってな感じの流れでありました。

今回もセヴンナーあって増子真二もいて、「スーパー・ゴー」も「スーパールーツ5」もやってっていう、朝霧と似たような内容でしたが、あれに比べるとちとイマイチでしたな。神がかり的みたいなすごさというところまで行かなかったといいますか、EYEもガンガン叫んでるんだけどテンションが沸点まで行かないみたいな感じで。見ているこっちも進んでいくごとにしぼんでっちゃったというか、意識が上がっていかないというか、感覚的に「ウッヒョー!」みたいにならないのね。まあ朝霧の方が特別だったということなんでしょう。

でもそれでも、ヨシミが鍵盤を弾く曲が多かったり、ファンクやラテンのパートが増えていたりと、新味もいろいろありました。リズムはもう相当多彩になってますね。そういうんで楽しかったし、ヴォアでカウントダウンというのはやっぱ極上のシアワセでありました。11時頃に到着してライヴ終わったのが1時頃で、電車終夜営業なので終わったら速攻帰ったから、都合2時間ほどしかいなくて、感覚的には普通のライヴと同じって感じでした。
posted by デンスケ at 03:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。