2006年12月31日

ゆらゆら帝国

恵比寿リキッド。友人某ナオ嬢のお誘いで見てきました。このバンドのライヴは「いつもの通り」ですませられちゃうくらい、いつもさして変化はないのだけど、なんかこの日は良かったですねえ。後方にもスピーカーを設置していて、坂本の声とかギター・ソロとかがサラウンド状態でぐるぐる回るようになってたのが新味でした。『しびれ』『めまい』以降、スタジオ盤ではかなり大胆なリミックスをやるのだけどライヴだとそのまま演奏するのみ、というギャップが生じてたと思うんですね。それがこういう、些細なことだけど実験的試みをすることで、スタジオ盤の効果に近づくというかそのギャップが埋まってくるし、おもしろかったですね。

それと、このバンドって曲のバリエーションが豊富だなあ、ということも今さらながらに思ったりしました。メロディーや曲想がいろいろで単調にならないから、ライヴで通して見ても飽きない。中盤で中だるみしそうなところでも「タコ物語」とかがポンと入ったりして、引き込んでしまえるっていうか。どれも曲いいしね。おれはたくさん曲をやるだけのダラダラしたライヴが嫌いだから、そういう点でもこのバンドはいいですよ。

このバンドを好きになってからずいぶんたつのだけど、なんか未だに新鮮に聴けるし、やっぱ自分にとってちょっと特別というか、気になるというか、そういうバンドなのかもとか思ったりしましたね。


posted by デンスケ at 02:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

年の瀬

ですねえ。27日に今年最後の取材が終わって、とりあえずひと安心したのだけど、締め切りはまだまだあるので、今もヒイヒイ言いながら原稿書いてます。まあ年の瀬つってもやることは普段と大して変わらないんだけどね、まわりがそういう雰囲気だからやっぱいつもと違うというか、非日常っぽいカンジではありますね。

で、今レヴューをシコシコ書いてて、その中で大島輝之のソロ作があったんですが、いやあこれ、素晴らしいですね。全編挑発的で、この人の才気がほとばしってて、恐いくらいという感じがします。simに通じるところはたくさんあるけれど、あれよりずっと大胆で自由で突き抜けてて、simより好きかも。大谷能生ソロも良かったけどこっちの方がおれは好きです。こういう新鮮な驚きこそ音楽を聴いてる醍醐味ですよ。なんてクサイ言い方だけど、マジにそう思いますね。
posted by デンスケ at 05:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

ONJQ

新宿ピットイン。クインテットじゃなくてカルテットなのだけど、やっぱONJQとなれば見たいよなあってことで。かっこよかったですねえ。5人が4人になったのだから当然違うのだけど、昔の曲も構築し直していたみたいで、1人減っただけでこんなに違うんかっていうくらい、すんごくソリッドでゴリゴリな演奏でしたな。サックス2人いないぶんメロディーの部分が後退して、代わりにフリーの部分が強まってて、個々のプレイヤーの個性がすごくはっきり出た演奏だったと思います。ほんとフリー・ジャズって感じ。曲によって若干違うけど、大友ニュー・ジャズ名義でこれだけ自我が剥き出しになっているような演奏って、希有というか初めてだったんじゃないでしょうか。

で、そうなると4人それぞれの主張とかがぐわーんと出るわけだけど、この日の個人的一等賞は芳垣さんでしたねえ。つんのめり気味でグイグイ押していくアグレッシヴなプレイに終始してて、男の色気みたいなものがあってね、この人のかっこよさに改めてシビレました。特に後半、ゲストの伊東篤宏のオプトロンとのデュオになったところなんか、もうハードコア・ノイズ・バトルっていうくらいのめっちゃダイナミックな応酬で、すごかったですね。

大友の今後の展開を示唆するとかってものじゃないし、大友にしてみればONJOとか弱音系とかの反動というかウップン吐き出しみたいな感じなのかもしれないけど、これはこれでひとつの世界が確実にできあがっていて、良かったですねえ。立ちっぱなしで3時間以上はキツかったけど、いいライヴでした。帰りにマグカップをもらえたのもほんのりいい気分でした。
posted by デンスケ at 00:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

有馬記念

ディープ強かったですねえ。ほんと、他の馬が止まって見えるような強さでしたね。最後でもこれだけ「一頭だけ違うイキモンが走ってる」ってなレースができるっていうのは、やっぱり尋常じゃないですよね。怪物ですよ。でも個人的に、レースとしておもしろく見られたのはJCまでだった気がします。今回は他の馬が相手にならなさすぎで、あまりに「ディープ万歳」な雰囲気ができすぎていて、勝負なんかどうでもいいって感じでしたからねえ。

だいたい2着のポップロックってなんなのよ。わたしゃこんな馬知りませんよ。「オマエなんか知らないー」(『虫』)って感じですよ。確か「ジャズロック」って馬がいたけど、あれと同じ馬主なんかな。だったらねえ、なにも「ポップ」にしなくてもさあ、「ポップ」で「ロック」っていわれてもねえ…。ま、ともあれ有馬も無事終わって、はあ、今年ももう終わりですね。
posted by デンスケ at 16:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

大竹伸朗

の『全景』を見てきました。ずっと見たかったんだけど、結局最終日前日になってしまいました。おれはこの人、EYEとパズル・パンクスやってた人とか、JUKE(ボックス持ってるけど全然聴いてない)の人とかっていう認識しかなかったのですが、いやあ、すごいですね。圧倒されました。館内サイケデリック・マジカル・ワールドって感じで、もう途中から頭ん中がぐるんぐるんになってきてトランス状態みたくなって、見終わったらえらく疲れました。

中でも例のスクラップ・ブックとか、ステージ風の小屋(生演奏でノイズ出してましたな)とか、その隣にあった超巨大な「北の空に浮かぶカタチ」とかが特にすごかったのだけど、とにかく圧倒されっぱなしで、唖然としてるだけで終わっちゃったみたいな感じ。着いたのが午後4時くらいで2時間しか見られなかったので、全然時間足らなかったですね。

ポップとかユーモアとかアヴァンギャルドとか破壊的とか、いろんな言い方ができる人だけど、どの作品もめちゃくちゃエネルギッシュですよね。あるだけでエネルギー発してるみたいっていうか、生命力があるってことなんでしょうね。で、「形」というものがなくて、自分の作ったスタイルに埋没するってことがなくて、すごく自由ってところがいいです。横尾忠則より自由って感じがして、そこに限っていえば横尾より好きかも。はあ、なんかまだ頭ボーッとしてる感じです。
posted by デンスケ at 21:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

ROVO

新木場スタジオコースト。『コンドル』のヴァイオリンは「歌」のようなものだと思ってるのですが、だとすればこの日の勝井さんは、もう熱唱という感じでしたねえ。コブシありヴィブラートあり泣きあり、最後は声枯れるくらい絶叫しまくりって感じで。全体としてもスケール感がいっそう増してて、これまでで一番いい演奏だったと思います。

それと新曲、ボア+ロック+レゲエ+シャーマニック+祝祭音楽???ってな混ざり具合の、ずいぶんとロック寄りのダイナミックな曲で、ちょっとびっくりでした。
posted by デンスケ at 00:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

渚にて

1日、初台ドアーズ。このバンドを見るのはずいぶん久しぶりなのだけど、やっぱりいいですねえ。大好きですよこのバンド。なんも変わってなくて(ベースが水田十夢になってたけど)、オノレのサイケ道まっしぐらって感じでね。新曲主体のライヴだったけど、この新曲がまたどれも過去の曲と大して変わらないというか、聴いたような感じのメロディーばっかりで、それがこのバンドの場合は揺るぎない自信みたいに感じられて、いいんですよねえ。

このバンドの歌って曖昧なところがなくて、ガツンとした歌で、特に柴山は腹の底から声出して力いっぱい歌うのだけど、久々に聴いたらそれがなんとも痛快でして。個人的に90年代後半以降はずっと曖昧な感じの歌(というか声)を好んでいたのだけど、最近ははっきりしたポップス〜歌謡曲的な歌の方が好きになってきて(二階堂和美とか)、そういう自分の嗜好にもぴったりハマったんですよね。渚にてで最も歌謡曲な「あなたを捨てる」をやったのもジャストって感じだったし。

しかし竹田雅子のヘタウマ・ドラムは、見るたびにうまくなってて、もう完全に独自のスタイルになったという感じがしますね。だからヘタウマじゃないんだけど。特にハイハットはめっちゃシャープで、あんなに主張のあるハイハットってそうはないですよ。ハイハットだけで歌ってるみたいな感じ。やっぱりこの人の存在感はほんと独特で、不思議というか謎というか、すごい人ですね。
posted by デンスケ at 02:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。