2006年10月09日

朝霧ジャム

に行ってきました。でも仕事の都合で、行ったのは2日目の日曜のみで、電車バス乗り継いで日帰り。現地に着いたのが午後2時頃、終わったのが7時半頃で、終わったら速攻帰って、ほんとヴォアダムスだけ見に行ったって感じでした。

ヴォアダムスは、いや、もう、ほんと、最高でした。ああ今日まで死なないで生きてきてこれを見ることができて良かった、っていうくらい、すさまじいライヴでありました。ヴォアダムス名義のライヴでは間違いなく最高の出来でしょう。これまででは個人的に良かった、何年か前のメタモ日本ランドとかさらに何年か前の年末新宿リキッドとかを、軽く上回っていたと思いますね。だってもうEYEの一発目の雄叫びが“ボアダ〜〜〜〜ムス!!”ですよ(たぶん「ヴォア」じゃなくて)。もう仁王立ちでさあ。それ一発でもう悶絶死ですよ。

で、セヴンナーというのはギター7本を縦に交互にくっつけたみたいな、楽器というよりオブジェって感じのモノなんですが、これを前からEYEがスティックで叩いて、後ろからDMBQの増子真二がコード抑えたりして操作してて、それで音が出るみたいなんですね(細かい仕組みはじぇんじぇんわかりません)。これの効果が絶大で、なんかもうぐわわーんって感じの壁みたいな音が出る。中盤で「スーパールーツ5」風(てかそのもの?)の、ジャジャジャジャジャ、ジャアーンってヤツを繰り返しやってたんだけど、そこでこれがフィーチャーされてて、いやもうEYEの発信器だけとは破壊力とか爆発力が桁違いなのよ。だからライヴ全体の印象もこれまでとは全然違ったんですね。

全体の構成は、今までっぽいビート主体→ビートががなくなって「スーパールーツ5」風→ラテン風→「スーパー・ゴー」→ファンク風→アンビエント風、ってな感じでしょうか。なんつっても「スーパー・ゴー」ですよ「スーパー・ゴー」。“風”じゃないですよ、ちゃんと「シャイン・イン、シャイン・オン」つってるんですよ。ああっ、あのリズム!あの声!あのダイナミズム!おれはもう泣きましたよ。それもセヴンナー効果で破壊力めっちゃ増してるし、EYEは仁王立ちエビぞりの雄叫び連発だしさあ。音のでっかいパワーに自分の意識がついていけていない感覚も、ほんと久しぶりに味わって、これぞボアダムスですよ。

最後にはなんとアンコールまでやって(ドラムス・セッション+EYEのヴォイス・パフォーマンス)、いやもうEYE絶好調って感じでありました。いつだったか、もはやEYEの神通力もなくなっちゃったか、みたいなこと日記で書いたことがあったけど、とんでもない、神通力ありまくりオーラ出まくり。去年ヴォアとしてまったくライヴをやらなかったのは、結果的に良かったんじゃないかと思いますね。なんかここからまた新しい展開になっていくような気がするなあ。音源とかさあ。当然今年のライヴ1位決定、比較しようがないです。や、なんか冷静さ失ってて恥ずかしいんですけど、まあしょうがないじゃんってことでひとつ!


posted by デンスケ at 03:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。