2006年07月19日

フリクション

渋谷クアトロ。ああ、これぞまさしくフリクションだと思いましたよ。息止めて走ってるみたいな感じ、エネルギーがビンビン伝わってくる感じ、1曲終わるとため息が出る感じ、全部まぎれもなくフリクションそのものですよ。レックの相手が誰であろうとどういう編成だろうと、この感じになれば完璧にフリクションだよなあと。

デュオ編成といっても結局のところ音のスペースの問題で、トリオならトリオで3つスペースができるところが2つのスペースになって、レックも中村達也もあれだけ広がりのある音を出していれば、そのスペースがすぐ埋まってしまうという感じ。ギターのいない穴を埋めるとかじゃなくてね。それくらい隙間のまったくない濃密な音で、これならばギターを入れない理由もわかる気がした。この音を前提とするならば、まったく必要ないもんね。

しかしフリクション史上、これだけレックに深く入り込んだ人というか、レックとがっぷり四つに組んだ人というのは、初めてなんじゃないでしょうか。ヒゲが最も近いんだろうけど、あれはまたちょっと違うというか、並列に音を出すみたいな感じだったし。中村達也はそうじゃなくて、レックの懐に切れ込んでいくみたいな感じなんだよね。おれはプレイヤーとしてはヒゲの方が全然好きだけど、でもヒゲじゃ今の2人みたいな感じは絶対にできないと思う。中村達也の方が全然肉体的で立体的だもんね。そういう意味じゃ、レックと他のメンバーがこういう関係性になるってのは、フリクションでは初めてのことといえるんでしょうね。

や、にしても、やっぱりすごく特別なライヴでした。あの濃密な空気感とか、時間が止まったみたいな感じとか、自分自身も興奮してしまったし。それと近年のレックはいつもそうだけど、エネルギーがすごく陽性というかポジな方に行きますね。選曲もあるのだけど、アッパーというか外向きというか、そういう方向性なんだなと思いましたね。帰りに飲んだビールもうまかったです。
posted by デンスケ at 02:22| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。