2006年07月17日

クラムボン

日比谷野音。見るのは前回の野音以来2年ぶりということですか。このバンドってやっぱすごく独特ですね。ピアノ・ロック的だったり音響っぽかったりバリバリのロックンロールだったりいろんな要素があるのに、でも原田郁子のヴォーカルが入るとそれだけで彼女の色のポップスになってしまうという。まあそんなの今さらって感じだし、前にも似たようなこと書いたような気がするんだけど、久々に聴くとこういうバンドってちょっと他にないよなあ、と思ったわけです。

以前ミト氏にインタヴューした時、「原田郁子はすごくポジティヴなイメージを放つ人なので、別ユニット(フォッサ・マグナ)では自分の素の神経質な部分を出したい」ということを言っていたのが印象的だったのだけど、やっぱ彼も伊藤大助も、クラムボンだと陽性の部分のみが猛烈に出るよなあと思った。そこを引っ張り出しているのが原田郁子で、結局彼女のキャラがバンド・イメージをひとつに束ねてる、みたいな感じがあるんじゃないでしょうか。そのイメージというか世界観のいささかメルヘンチックなところが、個人的にはやや苦手なんですけど。でもそういう、3人の陽性の部分のみがひとつにまとまってきっちり同じ方向を向いているというのは、見ていて清々しいし、これぞバンドの力だなあと思いますよね。

それと音がすごく良かったですね。前回の野音も確かそうだったと思うんだけど、野外の会場であれだけ細やかなニュアンスも伝えられる音というのは、すごいんじゃないかと思います。先月のヴォアダムスもめちゃくちゃ音良かったし(この時はホント死ぬほど気持ちいい音だった)、最近の野音は音いいですね。

最初はこのライヴが終わってから下北で山本精一を見るつもりだったのだけど、3時間近い長いライヴだったのでもはやパワー残ってなくて、あえなく帰宅。したら阪神負けたんですと。またしても貧打・拙攻の連続で、だから今の阪神は2〜3点しか取れないんだから、ピッチャーがそれ以下に抑えないと勝てないってことなんですな。巨人勝つしさ、今日はダメ〜な日ってことで。
posted by デンスケ at 02:09| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。