2006年07月12日

最近良かったもの

昨日くらいまでヒイヒイいってたんですが、ようやく落ち着きまして、今日は阪神戦のんびり観戦しました。点取ったのがバッテリーだけっていう、他のヤツなにやってんだっていう、今の阪神を象徴してるような試合でしたな。打てないのがここまで続くと、ちっとヤバイんじゃねえかって思うんですけど。とにかく今の阪神は先発がある程度押さえないと話になりませんね。

で、先月から今月にかけて、いいアルバムが多いですね。先月がフアナ・モリーナとハーバート、今月が二階堂和美とコンピの『ボイコット・リズム・マシーン2』、どれも年間ベストに入るような傑作だと思います。フアナ聴いた時今年一番だと思ったんですが、今月聴いた二階堂がそれを楽勝で上回ってて、今んとここれが一番ですね。

それと『ボイコット2』は企画が素晴らしいですね。近年まれに見る良質コンピじゃないでしょうか。全然関係ないミュージシャンを組み合わせて即興でバトルさせる、っていう企画が成立した時点で、もう勝負アリって感じの作品だと思いますね。ミュージシャンのモチベーションだけじゃなくて、スタッフ側の企画からミュージシャンの可能性を引っ張り出すみたいな感じで、実際緊張感ビシバシなのはそのせいだと思うし。安易なコンピが多い中で、こういう企画の力とか可能性とかを問うたような作品が出るというのは、なんかスカッとするというか痛快ですよ。
posted by デンスケ at 04:23| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。