2006年06月26日

フルカワミキ

渋谷AX。普通に7時開演だとばっかり思ってて、6時頃そろそろ行くかと思って開演時間チェックしたら、「18時開演」ですと。ゲゲッあと5分で始まっちゃうじゃんってダッシュで行ったんですが、ライヴ自体短かったこともあって、結局半分も見られませんでした。はあ、しょうもない、どうもすみませんって感じで…。

えらく強者揃いのメンバーで、てことはひと頃のUAみたいな即興寄りの感じなのかな、と思っていたんですが、けっこう整合感のある、まとまった演奏という印象。特におれが見た後半は、バンドが一体化してぶっというねりがあって、相当にハードな迫力のある演奏でした。

ただそれが、彼女の舌足らずな、コケティッシュな声と合っていたかというのは、ちょっと疑問かも。明らかに音に声が埋もれていたと思うし、彼女の声とあのぶっとい音とを合わせる必然性が、明確には伝わってこなかったです。わりとシリアスなメロの曲が多かったから、演奏とともに音像を作っていくみたいな、彼女の表したい世界観とかがあったのかもしれないけど。まあ全部見ていないので、えらそうなことも言えないんですが。

それとライティングがレーザー光線とか使ってやたらと派手で、あれはちょっと演出過剰だったんじゃないでしょうか。あそこまでの演出を必要とする音楽でもないと思うし、あんなに派手じゃ音楽を聴くことに集中できないと思いましたね。
posted by デンスケ at 02:43| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。