2006年05月28日

ダービー

取りましたー。ウレシー。買っていた馬券の中では最も安い配当でたいしてついてないけど、いやあやっぱダービーを取るとうれしいです。しかしメイショウサムソンは相当強いですね。皐月賞と同じで、派手じゃないし着差も僅差なのに、絶対抜かされないって感じがする。現時点での3歳では飛び抜けて強いんじゃないでしょうか。
posted by デンスケ at 16:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おおはた雄一

東京キネマ倶楽部。弾き語り、スティール・ギターとのデュオ、バンド4人編成、バンド6人編成、といろいろやっていたけど、後半の6人編成が一番良かった。管楽器が2人入って、それまでとは音の広がりとかダイナミズムとかが全然違って、曲の世界観みたいなのをよく表現できていたと思いますね。音数は多いけど、どの楽器もすごく繊細なプレイで、無駄な音が全然なかったし。

この人の場合なにより最初に歌ありきだから、アコギとヴォーカルだけで成立はするんだけど、それだけでオッケーっていうブルース・シンガー的な有り様の人じゃないと思うんですよ。サウンド面も含めたところで表現する人、そこまでコントロールして初めて自己の世界ができあがる人だと思うので、この日のライヴはほとんど理想形だったんじゃないでしょうか。ベン・ハーパーっぽいとか、あるいはブルースっぽいとか、そのどっちでもない形ができていたという感じで。だからそういうところで見ると、むしろ弾き語りは邪魔というかなくてもいいんじゃないかと思ったけど、まあギターやワイゼンボーンのうまい人だから、そこはやっぱ欠かせないんでしょうね。

この会場はずいぶん久しぶりに来たけど、やっぱいい会場ですね。ステージが高いからどこにいてもよく見えるし、2階からでもすごく近い感覚で見られるし、ほとんど椅子席でゆっくりできるし(おれは立って見ていたけど)。最近どうも、立ちっぱなしで苦行を強いられるとか後ろにいるとよく見えないとか、そういうハコばっかりだから、なんか新鮮だった。まあそういうもんなんだけどさ、こういう個性のある会場でのライヴがもちっとあってもいいんじゃないかと思いましたね。
posted by デンスケ at 02:28| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

ヤン富田

 六本木スーパーデラックス。ソロ(シンセ?)→ドゥーピーズ(大野由美子+スージー・キム)→ナイーヴス(いとうせいこう+高木完)→ドゥーピーズ→ナイーヴス→全員→ソロ(スティール・パン)という流れ。特に前半、ソロからドゥーピーズに至るところの、シンセとシーケンサーだけでアンビエントっぽいラウンジみたいなのをフリー・フォームに延々とやっていたところ、かなりシビレました。大野由美子のやわらかな声も含めて、すごく豊かで、あたたかくて、ドリーミーな音響空間という感じ。「音色」と「音響」をものすごく徹底して突き詰めたというか、磨きに磨かれた音というか、一個一個の音の響き方が全然違う。大野由美子もね、彼女の声の美しさが最も発揮されているのはこのユニットだなあと、改めて思いましたね。

 そういう前半はすごく緊張感が漲っていたのに、後半は本人の長いしゃべりもあってずいぶんユルくなってしまったのが惜しいところですが、やはりさすがといいますか、いいライヴでした。小山田とかまりんとか中西俊夫とかこだま和文とかミュージシャンがやたらといて、会場内全体に業界臭さがムンムンしてて、それが鼻についたりしたけど、やっぱこの人はピテカン流れのそういうスノッブ臭さみたいなものが似合う人なのかも、とか思ったり。
posted by デンスケ at 04:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

結婚式

 もう昨日のことなんですが、同い年の友達の結婚式が地元の八王子でありまして、それに出てきたんですね。そいつは美容師なんで結婚式も火曜で、しかも昼過ぎから始まるんで、平日の真っ昼間から飲むハメになるわけですよ。なんつうか罪悪感と快感が入り混じったような、妙な感覚に陥りつつ、ガンガン飲んでしまったわけなんですが。

 で、披露宴のメシがフレンチでして、結婚式自体久々だしそうゆうもん食べるなんてずいぶん久しぶりでして。まあうまいっちゃうまいんだけど、なんつうの、ああこういうものなんですか、はあ、そうですか、でおしまい、みたいな感じの連続で。つうかおれ、これまで披露宴のメシで、和食はともかくフレンチ食べてうまいと思ったことってないかも。

 という披露宴の後、友達4人で居酒屋で飲み直して、その後ラーメンでシメておしまいだったんですが、そのラーメン食べてる時に友達の一人がふっと「さっきのフレンチだったらこのラーメンの方が全然うまい」と言いまして。おれ及び一同激しく同意してしまったんですね。ああ、披露宴のフレンチよりも500円のラーメンの方がうまいってか…。んな披露宴の料理作った人もそれじゃあまりにかわいそうっていうか、モノの味わからなくてすんませんって感じで…。でもまあそんなもんなのかも。
posted by デンスケ at 23:58| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

ギャング・ギャング・ダンス

 渋谷ネスト。前座とかやってる時にギャング・ギャング・ダンスの物販見てたら、売り子がアメリカ人の女の子1人しかいないのね。そんでTシャツのサイズの説明とかお釣りの計算とかであたふたしてんのね。日本盤未発売とはいえ日本側のスタッフ誰もいないんですか、はあ、とか思いつつ、おれもその子からTシャツとCD買ったんですが。そんでライヴ始まったら、その女の子がステージの真ん中にドーンと立ってて、実はこのバンドのヴォーカリストで、びっくりしたというかずっこけました。さっきまで単なる売り子のネエチャンだった子が、ネナ・チェリーみたいな金切り声張り上げててさ。ま、オーラみたいなもんはあんまない子でしたけど。

 肝心のライヴは、これが今ひとつ期待はずれというか暖簾に腕押しというか。シンセやSE類をメインにしたオリエンタル・ハイパー・ファンクってな感じが中心で、リップ・リグ&パニックを薄めたみたいな感じっていうんですかね、CDに比べると格段にわかりやすいというか全然フツーっぽい。ドラムレスになる曲とかだとCDみたく呪術的で混沌とした方向に行くし、鍵盤及びSE担当の人はずいぶんドープな音を出したりしていたんだけどね、それはどちらかといえば例外扱いで、だいたいはしごくわかりやすくダンサブルなアプローチ。しかも前述のヴォーカルの子がえらく健康的で溌剌としてて、CDの謎めいた妖しげなムードとは全然違うじゃんよって。そういうんで違和感ありまくりのまま終わってしまいました。

 先日のアニマル・コレクティヴが、思ったよりアヴァン寄りだったのに対して、こっちは思ったより全然ポップだったということになりますか。はあー、なんか消化不良。
posted by デンスケ at 01:52| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

オークス

 カワカミプリンセスって3戦3勝負けなしでしかも重賞未経験、桜花賞もまったく無縁って、そりゃフサイチコンコルドを思い出すじゃねえか、気に入ったぜ、ちっと買ってみっか、と思って人気2頭との組み合わせで買ったんですが。わちゃー、ヒモはフサイチパンドラでしたか…。がっぱし…。武とかナニやってんのよ…。まあでもすごいですねこの馬。秋以降もずっと買ってみたくなるような、そういう馬って久々な気がします。
posted by デンスケ at 16:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

WHY?

 渋谷O-WestでWHY?、Tucker、リミエキ(見たものだけ)。

 リミエキはドラマーが替わって初めて見ました。テクニック的には段違いにうまく、かなりシャープに正確にリズムを刻む人で、ドラミングの線も細くて、全体としても引き締まったというかソリッドになった印象。でも、前の奈良崎の破天荒さとか天性の明るさとかヴィジュアルの良さとかはないから、一概にどっちがどうともいえないんだけど、でもおれは今の人っていいと思うな。やっぱりリズムが格段にしっかりしているし、グルーヴってもんがちゃんとあるし、このドラムスなら曲としてできることがグンと幅広くなると思うし。なにより前の音を維持しようとするんじゃなくて、新しい音に持っていこうとしているのがいいです。考えるよりも音が先みたいな、このバンドらしい感じでね、いいなあと思いましたね。

あとの2つは初めて見たんですが、いやー両方ともおもしろかったです。Tuckerはサンプリング+ターンテーブル+生オルガン、生ベース、生ドラムスを全部1人でやる人力ブレイク・ビーツ、ってな感じといいますか。曲のつなぎとかオチの付け方とかのタイミングがダサダサでずっこけまくりで、その“間の悪さ”が逆におもしろいというかキモなんじゃないでしょうか。

 WHY?はフリー・フォークに近い音響サイケみたいな音なのに、メロディーは西海岸的爽やかポップス風で、しかもラップも乗ってるという、いろんなものが混ざってる感じ。音はアヴァンギャルドだけどメロはポップで音像はサイケってところで、アニマル・コレクティヴを連想したりしたけど、もっとポップ寄りで、バンドの中心になるものはあくまでメロディーなんじゃないかなと思った。それくらいメロディーはめちゃくちゃ良い、んでひねくれてもいる、とゆう絶妙な塩梅が実にツボでした。全然知らなかったけどかなり気に入って、この日一番の収穫だったので、CD1枚買って帰りました。
posted by デンスケ at 03:55| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

ROVO野音

 新曲を見るのは2度目なので今さらですが、ジャーマン・ロック→シルクロード巡礼→ドッカーン、みたいな流れになってるんですね。そのシルクロードのところ、イメージとしてはシルクロードで→てことはNHKスペシャルで→てことはニュー・エイジってな感じ???とか、アジアっぽいというか演歌っぽいというか、なんかそんなイメージが頭ん中でぐるぐるしてました。そのパートのヴァイオリンのメロディーがキモだと思うんですが、ROVOの曲でこんなにメロディーが前に出ているのは初めてじゃないでしょうか。そういうモロモロで新鮮でした。

 終演後は打ち上げに出て(楽屋にはアインちゃんが!ああっ!!)、その後渋谷に移動して小野島さんとサシで飲み。楽しかったです。
posted by デンスケ at 02:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

阪神勝ちましたー

 今日は阪神戦を久々にガッツリ見まして、僅差で引き締まっていてしかも終始阪神優勢の流れっていう、たまらん試合でありました。8回の矢野のダメ押し2塁打なんて、もう悶絶ものでしたよ。あーやっぱロッテやソフトバンクに勝つのは気分いいわあ。やっぱシリーズに近い感覚があって、緊張感が違うっていうかさ。しかし久保田はマトモに終わらすことができんのか。このままだと「3人で終わらせられないクローザー」って烙印押されちゃうような。

 ところで今年の交流戦も古いユニフォーム着てて、懐かしいというか新鮮というか、それはそれでいいと思うんだけど、ホームでビジター用着ててビジターでホーム用着てて、ホームとビジターが逆になってるってのはどういうわけなのかしら。「ホーム用とホーム用」の対戦だと似たようなデザインになっちゃうでしょ。どこのチームも白主体だし、今日なんかソフトバンクもチームカラーが黄色で阪神とかなり近い色合いだから、遠目にはごっちゃになっちゃうとか、審判が瞬時に判断付かないとか、弊害多いような気がするんだけどな。ま、どうでもいいっすか。
posted by デンスケ at 23:45| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フジロック

 なんか気付いたら各日のヘッドライナー決まってて、今年のラインナップもずいぶん固まってきたようなんですが、今年はなんつうか、かなりしょうもないんじゃないでしょうか。ヘッドライナーはともかくとしても、新味に欠けるも甚だしいというか、二番煎じ三番煎じの嵐というか、骨のある人が全然いないっていうか。わたしゃ積極的に見たいのなんてソニック・ユースくらいですよ。それにしたって毎度おなじみなわけだし。小野リサとか加藤登紀子とかって言われてもねえ、「年寄り向けにはこのへん出しときゃいいだろ」みたいなテキトーっぽい感じするし。オレンジ・コートなんだろうけど、オレンジの意味もずいぶん変わっちゃって、「ジャズ及びワールド」が「年寄り向け」になっちゃったというか。

 今年は自分のまわりでも「今年は行かない」という人がずいぶんいたりして、それもわかる気がします。個人的にもこんなに盛り上がらないのは初めてです。もちろんまだ今後増えてくわけだけど、それもあんま期待できないような。

 まあフジロックはラインナップじゃない、ってのがすっかり認知されてて、それでも人が来るってのが確立できてるけど、どうもそこに甘えすぎてるんじゃないのって気がするんだよねえ。もうそれは去年くらいからで、前にも書いたことですが。わたしゃラインナップにかかわらず必ず行きますけど、それはスマッシュに対して信頼みたいなものがあるからなんでね、そこを裏切らないでほしいんですよね。だからこそ努力してほしい、みたいな。

 そういう努力でいえばサマソニの方が全然ありますよね。1日目だけでダフト・パンクにフレーミング・リップスにデヴェンドラ・バンハートって、そりゃかなりスゲエと思いますよ。まあこれもサマソニ的にはかなり二番煎じで新味ってほどでもないけど、がんばったなあという感じはするんですよね。おれはサマソニ嫌いだから行くかわからないけど、うーん、でも見てみたい。

 ま、とかなんとか言いつつ、3日間終わったら例のごとく「今年も最高だったわー」ってなってるんだろうけどね。この時期はいろいろ言いたがるってことで。
posted by デンスケ at 03:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

タコボンズ

 6日、なぜか2日連チャンで秋葉原グッドマン。以前取材したことのあるバンドで、ライヴを見るのは2回目。パニックスマイルを爆音にしたみたいな感じというか、変拍子+爆音+ラップってな感じのバンドなのだけど、前回見た時は爆音ばかりを強調しすぎて、このバンドの特性が見えづらいような印象だったんですね。しかしこの日は良かったです。リズムやヴォーカルがきちんと前に出ていて、それでいて爆音を出すところはしっかり爆発するという、いい塩梅の演奏。なによりメンバーのテンションが相当に高くて、集中力や緊張感が漲っていて、ノー・ウェイヴっぽいひりひりした感じの音になってるところが良かった。いいバンドだと思いますよ。
posted by デンスケ at 00:40| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

ワッツ・タワーズ

 5日、秋葉原グッドマン。当日夕方に友達からお誘いがあり、ちと迷ったのだけど、3〜4日とほとんど部屋にこもりきりで仕事ばっかしてて、なんか煮詰まり気味だったので、ちょうどいいやという感じで。

 1月に見た前回とさほど変わらずという印象でしたが、2部制都合2時間はちと長かったですな。特に最後の方の20分くらいはダラダラ感というかまだやんのかよ感があって、ちと冗長に感じましたな。と、思ったらその後アンコールで岸野氏が「前のアンケートで冗長と言われたので、さらに冗長にやってみました」とか言っててずっこけました。ううっ、さすが岸野氏。

 しかし今さらながらにこのバンドの演奏は素晴らしいですね。しっかりしたリズム隊、自由度の高い鍵盤やギター、岸野氏のしゃべりに即座に反応する呼吸の良さと、何度見てもホントに見事です。岸野氏のしゃべりは「ミニマル寿司」が最高でしたな。あーそれと、この日も「オープンプライス」だったのだけど、前回は封筒に入れて出したのに今回は岸野氏本人の目の前でカゴに入れるという方式で、額面がわかっちゃうので、なんか出しづらいなあって感じでした。だからというわけじゃないがDVD買って、友達と一杯飲んでおしまい。
posted by デンスケ at 00:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

パソコン復活

 メインのマシンを修理に出して、代替え用の旧マシンもおかしくなってしまい、この1週間家ではパソコンがまったく使えず、手書きで書いたりネットカフェに通ったりする日々でありました。夕べ夜にようやく修理から戻ってきて、今では元通りの環境になって、ようやくひと安心。はあ、やっぱりiMacがあると落ち着くわ。いろんな方にご迷惑をおかけしてすみませんでした。

 で、そうゆう状況で日記が書けなかったので、だいぶ前の話なんですが、ちと宣伝です。スペースシャワーのVMCというチャンネルで、おれが選曲と原稿をやった番組がありまして、それが↓にアップされています。ご興味があればご覧下さいませ。番組自体はもう1週間以上前に放送されたので(リピートはあるみたいですが)、今さらって感じだけど。ま、おれはどっちみち見られないんだけどね。
http://www.spaceshowertv.com/vmc/program/vmc_selection/90japan.html
posted by デンスケ at 22:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。