2006年04月23日

寺内貫太郎一家

 レンタルで2巻まで借りてここんとこ1日1話ずつ毎日見てるんですが、うーん、ヤバイ、おもちろい。おれは放送当時まだ小学生だったけど大好きでした。『時間ですよ』はあんまよく知らない、『ムー』だとちと二番煎じっぽい、という印象があったので、個人的にこれが一番どんぴしゃだったんですね。いやあ70年代っていいなあ。わかりやすくて、はっきりしていて、ややこしくなくてさ。おれはずっとその「ややこしい」とか「曖昧」とかの方が好きだったんだけど、今は70年代的わかりやすさってのが新鮮というか痛快だったりします。

 で、17歳の浅田美代子のあまりの激かわいさに悶え死にしたりしましたが、んなことよりとにかく樹木希林ですね。このドラマはこの人に尽きますね。どの話も結局全部この人がもってっちゃってるみたいな感じだし、合いの手とかツッコミとかのタイミング良すぎだし、怪演としか言いようがないです。小林亜星とか浅田美代子とか西城秀樹とか、メイン・キャストが揃いも揃って演技ド下手な中で、樹木希林を筆頭に伴淳三郎、加藤治子あたりがいるから成り立ってるみたいなもんでしょう。伴淳も素晴らしいですね。

 樹木希林ってよく知らなかったんだけど、この当時まだ30そこそこだったのね。その年齢で70の役やってんだから恐るべき人ですね。今でもまだその歳に追いついていないんだもんね。まあ20代の頃から老け役やってたらしいけど、うーん、すごいお人だ。

 んで阪神、ようやく勝ちましたね。はあー、なんかすごく久しぶりに勝った気がする。しかも今岡・金本が打って、藤川・久保田が抑えて、という理想的な勝ち方で、いやあ今日は気分いいです。今日は久々にプロ野球ニュース見るぜ!
posted by デンスケ at 22:13| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。