2006年04月19日

エンケン

 渋谷クアトロ。ソロ(エレキ)→湯川潮音とデュオ→トーベン+上原裕+鈴木茂→トーベン+トシ(エンケンバンド)→ソロ(アコギ)という、実に5パターンの編成だったんですが、結局のところやっぱこの人はソロに尽きるなあと。アタマの「ド・素人」とラストの「夢よ叫べ」が抜きん出て良かったです。それはこの人の個性、他のナニモノでもないエンケンというものが、最もわかりやすく最も端的に出ているからなんでしょうね。バンドだってもちろんすごい迫力なんだけど、ああいう形態だとほんのちょっとの普通っぽさというかありがちな感じが見えてしまう。でもソロだとあの声とギターだけのむき身だから、決定的に無二なものになっちゃうんだよね。ああ、結局おれはこれを見たくてここにいるんだな、みたいな、そういうことを再認識しました。

 ベストは1曲目の「ド・素人」。この日はこれに尽きる。出てくるなりもうテンションがピークなんだから、やっぱこの人尋常じゃないですよ。特に中間部、片手でギター弾きつつもう片方の手でドラムスを叩くあたりが圧巻で、ドトウのドラムス・ソロを終えた後立ち上がって胸を張って雄叫びを上げたところ、マジにシビレました。体張ってんなあ、全身で音楽やってんなあ、男だぜエンケンは!って感じで、マジでかっこよかったです。

 ところでクアトロのオロナミンCっていつの間にかなくなってたんですね。今だけとかなのかな?ないならないでサミシイような…。しかし「カルピスソーダ」なんてのがあったからそれ飲んでました。
posted by デンスケ at 01:02| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。