2006年03月05日

湯川潮音

 渋谷クアトロ。前回のユニットは「演奏が気にならないほどヴォーカルが良かった」みたいなこと書きましたが、ヴォーカルはもう安定しているので、この日は演奏の方に興味が行った感じ。編成がいろいろで、5人の基本バンド、バンド+ストリングス2人、ハープとフルートのみ、と曲によって使い分けていて、そうなってくるとヴォーカルと演奏との関係が気になってくる。で、やっぱりこの人の声は弦楽器が合うなあと思いましたね。当然っちゃ当然なんだけど。ハープとのデュオみたいになると音の質感がすごく近いなあと思ったし、ストリングスが入った曲だとヴォーカルがめっちゃ生きる。

 それとは対極のロックっぽい曲もいいんだけど、このバンドって、曲によっていささか大味に聞こえる時があるんだよね。スネアがユルいからだと思うのだけど、音像にふくらみが出ちゃって、ヴォーカルが前に出ないというか生かされないというか。鈴木惣一朗のドラムって嫌いじゃないんだけど、なんか締まりがないなあと思うことがままあったりする。まあだから、後半にやったドラムレス(鈴木惣一朗はマンドリン)でストリングス2人の加わったあたりの感じが一番いいと思いますね。全部の音が溶け合って、ヴォーカルがしっかり立っているという感じで。ちゃんとした四重奏のストリングス隊とのライヴとか、聴いてみたい気がする。

 それと彼女、この日はMCとかでやたらとはしゃいでいて、年相応にかわいらしい感じでした。この人をそんな風に感じたのは初めてかも。寝不足で行ったので、2時間立ちっぱなしはちょいキツかったです。
posted by デンスケ at 23:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。