2006年03月04日

にかスープ&さやソース

 浅草花やしき。ここの目印みたいなのになってるでっかい塔の付け根にあるステージで演奏してて、趣としては売れないアイドルの遊園地営業ショーみたいな感じですか。しかしこの時期に野外ですからね、いくら今日は暖かかったといっても、やっぱ寒かったですねえ。わりとナメて行ったんだけど、ライヴ進んでいくうちに風とか吹いてくるしどんどん寒くなってきて、念のためと思ってマフラー持っていって良かった。

 このユニットは2人のどちらにも転ばず、違う世界観を示しているところが個人的には好きですね。言語はあまり日本語を使わず意味不明ばっかりだし、音的にも無国籍っぽいし、そうゆう架空っぽい現実離れした感じが、遊園地というシチュエーションにはよく合っていた。やっぱなかなかああいうところでのライヴなんてないしね、見てる方も不思議な感覚がありましたな。

 ただ、コーラスを中心にわりときっちり作った印象だったアルバムに比べ、ライヴはいささかとっちらかった感じだったかも。ま、この2人だからライヴだと即興っぽくなるのはわかるし、あまり再現とかにこだわらず自由にやってる風なのは良かったとは思うけど。演奏(植野隆司とその他2人)なんかほとんど即興でしょう。総じて言えば、女性2人がキャッキャと無邪気に歌い踊るさまを、観客が寒さに耐えつつじっと見つめる図、ってな感じ。しかし二階堂、うーん、歌の良さなどモロモロ含め素晴らしすぎ。
posted by デンスケ at 23:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。