2006年03月01日

リミエキワンマン

 下北沢シェルター。うーん、やっぱいいわー、最高だわー。やっぱこのバンド、国内のロック・バンドでは一番好きですよ。このバンドの場合個人的には、ブッ飛び具合というかブチキレ具合というのがライヴの良し悪しのキモになってて、だから毎回最高ってわけじゃないんだけど、この日はまったく言うことなし。この日でドラムス奈良崎が抜けるというのが大きかったようだけど、全員気合い入りまくり。以前に比べるとアンサンブルがすごく良くなってるし、それでいてハチャメチャっぷりとか自由度の高さとかもしっかりあって、そういうバランスが絶妙。しかし飯田の「汗だくになりすぎてメガネが曇る」ってのは、もはや芸風みたいなもんですな。

 終了後は打ち上げにも参加して、久々にメンバーともいろいろ話して、楽しかったです。奈良崎脱退は、もうあの「笑いながら叩く」のが見られないのはしごく残念だし、音的にもせっかくいい感じなのに惜しい限りだけど、まあ新編成も楽しみですってことで。

 考えてみたら、最近見るライヴってロックが多いなあって気が付いた。ドン・マツオとかダイナソーとかこの日のリミエキとか。やっぱロックっていいなあ、と感じることが多いです。
posted by デンスケ at 03:35| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。