2005年11月13日

空気公団〜アヤコレット

 さっきまでアジアシリーズを見ていたんですが、こうゆう大会でも胴上げってするのね。まあ当然っちゃ当然か。しかしバレンタインの胴上げってこれでもう3度目だよ。わずかひと月の間に。もう見飽きたよ、そんなに何度もすんなよ…。あーなんか、ロッテというチームとかあのユニフォームとかバレンタインとかに対して、自然と拒否反応を起こすようになった気がする。トラウマっつうか。

 で、10日のことですが、まず渋谷PLUGで空気公団。山崎ゆかりは相当に緊張していたらしく、1曲目の途中で歌うのをやめてしまったりしたのだけど、ヴォーカルそのものは素晴らしく良かったです。ふくよかで艶やかで、声の伸びや広がりも申し分なく、アルバムよりも断然いい歌声だった。やっぱりこの人の歌声は生だといっそういいですね。淡々とした発声なのに、感情ではなく声のもつ力だけで押していくことができて、しかもふくよかさのある声というのは、やっぱりすごく希有なヴォーカリストだと思いますね。

 しかしバンドの方は今ひとつ。アルバムでは以前のバンド・ダイナミズムが払拭されて、いい感じに繊細な演奏だったのに、ライヴだとやっぱりダイナミックだった。特にドラムスのアタックが強くて、時にヴォーカルをかき消してしまうし、PA的にもリズム隊をやたらと強調していて、ギターが妙に引っ込んでいるのもちょっと不可解。先日の取材でもそういう音の強さの問題とかの話をしたのだけど、ライヴだとなぜかガツーンとなってしまうのが、解せないというか不満というか。

 終了後会場内でお会いした某同業者に誘われて、吉祥寺へ移動、スターパインズカフェでアヤコレット。これがまたいいライヴでした。この人は即興的要素が多いから当然だけど、やっぱりCDよりライヴの方が断然いいですね。イキイキしてるというか、生命力が全然違う。それに、ツキノワのメンバーを含む4人編成のバンドがまた良くて、即興でもなく伴奏でもない、プレイヤーが曲自体に対して解釈を与える、というようなスタンスの演奏で、声と音の関係性が絶妙だなあと思った。まあそういう、声の力とか声と音の関係とかをいろいろ考えさせられるライヴ2本でした。
posted by デンスケ at 23:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。