2005年10月17日

ロッテ優勝

 しましたね。ソフトバンクが息吹き返してこのまま一気に行くイキオイで、今日も終盤まで勝ちムードだったのに、あのままズルズルいかないところがロッテの強さなんでしょうね。しかも最後は小林雅が出て抑えたんだから、大したもんです。いいチームだよな。思わずリキ入って応援してしまったし、なんか好きになりそうなチームです。シリーズでは敵なんだけど。そういう意味では、ソフトバンクの方が叩きがいがあったという気はする。

 しかしソフトバンク、2年連続でレギュラーシーズン1位にもかかわらず優勝できなかったというのは、またちょっと議論を呼びそうですな。おれもそこは少なからず懐疑的だったし、やっぱ阪神がソフトバンクみたくなったら納得いかないもんね。でも年間試合数でいえばパってセより10試合も少ないわけだから、136試合でレギュラーシーズンが終わりなのではなくて、プレーオフも含めてひとつのシーズンとして考えれば、なんとなく腑に落ちる気はします。プレーオフっていうより最後の直接対決みたいな位置付けってことで。

 でも、そういう風に捉えるとしても、もうちょっとプレーオフ出場資格の精度を高めるべきでしょうね。3位は10ゲーム以上の差、または勝率5割以下だったら出場できないとか、1位と2位も10ゲーム以上離れたらプレーオフはやらないとかさ。もっとレギュラーシーズンと直結するべきだと思います。

 しかし、そういう制度の疑問点とかモロモロのネガティヴな面を引き替えにしてでも、このプレーオフを行うことの価値はあると思いますね。特に今年の5試合は、野球の怖さとか醍醐味とか、野球のいろんな魅力が凝縮されていたと思うし、やっぱこんなすごい試合って、プレーオフという大舞台だからこそでしょう。難しい問題ではあるけれど、おれはこの5試合をホントに堪能しました。

 とか言いつつ、これで千葉マリンでのシリーズ実現だー。イヤッホー。チケット取るのは難しいだろうけど(すでに抽選申し込んだものの全部ハズレ)、なんとか見たい!見せてくれ!
posted by デンスケ at 23:10| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファンファーレ・チォカリーア

 渋谷クアトロ。昨年に続いて2度目なのですが、正直何度も見るもんでもないなあ、と思いましたね。最初見た時はブラス・アンサンブルの迫力とか開放的な楽しさとか、メロディーの良さとか、いろんなところで新鮮だったのだけど、そこを通過してしまうと、悪いところばかりに耳が行ってしまう。リズムのバリエーションが乏しくて、特に低音側のブラス隊はパターンが決まりきっているので、何曲か聞いているともう飽きてくる。単調だった前半に比べ、後半は歌ものを多く入れたり、新作の007のテーマなど曲が多彩になっていったりしてわりと楽しめたけど、逆に言えばそのへんが限界かなあという気もしました。

 まあ変化とか革新とかを求めるバンドでもないかなあと思うんだけど、同じようなバンドでたとえばタラフだともうちょっと違うよなあと思った。底の深さみたいなところで。ま、最後はお決まりの客席乱入もあって、こういうみんなで楽しみましょうというエンターテイメント性はいいなあと思ったんだけどね。

 終演後、「味源」でラーメン。うーん、やっぱりうまい。おととい食べた「山頭火」の百倍うまい。で、ライヴ中からプレーオフが気になっていたのですが、ロッテまた負けちゃいましたね。ヤバイなー、もうダメかもな。やっぱあの第三戦の9回で流れがまったく変わってしまいましたね。短期決戦は恐ろしいです。でもその第三戦の終了後、小林雅が帰宅したら「娘にバカ!って言われた」というエピソードは、なんか微笑ましくていいなあと思いました。
posted by デンスケ at 03:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。