2005年09月06日

星野巨人監督問題

 ようやく今月も原稿がひと段落して、今日はナイターゆっくり見るぞーって意気込んでたら、いーがーわー、これでもう首位決戦3度目のKOだよ。いくら勝ち星で帳尻合わせても、こうゆう大事な時にダメばっかりじゃ、エースなんていえないんじゃないの。オマエもう大リーグなんか行く資格なし。一生阪神にいろ。くそったれ。

 それで、最近もう毎日のように「星野巨人監督」の経過がニュースで流されてますけど、それ見るたびにイヤな気分になるんだよね。まあまだ「噂」の段階だけど、もう限りなく現実味を帯びてきたし、星野が無言を貫いているのもその裏返しだと思えるし。

 まずそもそも、星野は阪神の監督辞める時に「健康上の理由」であり「もう監督業はやらない」って言っていたわけだよねえ。それがどこの球団であろうと覆されるというのに納得がいかない。それに、去年の球界再編問題の時に、さんざん「巨人主導の球界体質を改めるべきだ」って言っていたのに、その自分がナベツネに丸め込まれたんじゃあ、一貫しとらんでしょう。中日から阪神へ行った時とは根底から違う。彼の生き方とか存在そのものに関わることなんじゃないの。阪神と巨人の監督をやるなんて誰も成し得なかったわけだから、そりゃわかるけどさ、その前に星野自身がよく言う「男として」の筋が通らないんじゃないの。

 で、なによりイヤなのが、そういうモロモロを「巨人が歴史的危機だから」「巨人が強くなければ球界全体が良くならない」の大義名分で全部収まっちゃうような風潮になってるところ。ナニ言ってんだよ、なりふり構わぬ戦力補強して好き放題やってチーム編成組んでるのに、それがダメだったからって「歴史的危機」でまた好き放題やるのかよって。そらあまりに自己中すぎるでしょう。巨人にはさあ、原とか江川とかいっぱいいるじゃん。自分の力で立て直せよ。他人に迷惑かけるなよ。だから巨人って嫌いなんだよ。それを星野や阪神側でさえそういうこと言ってるんだから、もうどうしようもないよ。

 つってもう、巨人の巧妙な手回しで「星野巨人」へのムードができあがっているし、たぶん実現しちゃうんだろうなあ。阪神が優勝しようかっていう時期に、こうゆう不愉快な話題が横行してるのって、ホント気分悪いよ。ともかくおれは、もう可能性薄いけど、星野が阪神にとどまってくれることを願っています。

 阪神負けたもんだからね、なんかアグレッシヴに書いちまいました。ご勘弁を。
posted by デンスケ at 22:08| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハイドパーク

DSC01529.JPG DSC01532.JPG

 4日、稲荷山公園でハイドパーク・ミュージック・フェスティヴァル。すごく雰囲気の良さそうな公園なので、ガッツリ見るというより、芝生に寝ころんでのんびり見たいなって感じで行きました。

 3時頃到着して友達夫婦と合流して、最初はまあそんな風にまったり楽しんでいたんですが。しかし。着いて30分もしないうちに雨が降り出すってどうゆうことよ。まるでおれが来たのを待ちかまえていたようなタイミングでさあ。しかもスッゲーどしゃ降りで、全然止まないどころかどんどん強い降りになってくし、おれはさほど用意もしていなかったので無印良品のカッパと折りたたみ傘しか持ってなくて、なかなかヒサンな状況。もうライヴどころじゃなくて、友達と一緒に3人でひたすらじっと耐えておりました。なんだか雨に打たれに行ったようなモンというか。まったくトホホって感じで。

 でもあんなヒドイ降りだったのに、トリの細野晴臣の時にはすっかりやんで、不幸中の幸いといいますか。おれは音楽的な興味ではこの人だけを見に行ったようなもんなんですが、いやあ、やっぱり素晴らしかったです。いきなり「ろっか・ばい・まい・べいびぃ」ですよ。音程はいささか不安定だったものの、あのまろやかな低音ヴォーカルはちゃんと健在だったし、やっぱりヴォーカリストとしてのこの人は味がありまくりでいいですねえ。『HOSONO HOUSE』から4曲もやって、欲を言えば「冬越え」あたりのニューオリンズものも聴きたかったけど、あのアコースティック編成じゃ無理だろうし、この日はしっとり路線ということだったんでしょうね。でもやっぱ「恋は桃色」は、わかっちゃいるけどマジでグッときました。あの曲を生で聴けるなんて、ひと頃はそんなこと思いもしなかった。見て良かった。

 おれはたまたま雨にたたられてしまったけど、なかなかいいフェスだった。コンセプトが明確なこと、ラインナップに一貫性があること、地元と密着していること、会場の雰囲気など、フェスとしてとてもすぐれているんじゃないでしょうか。なんつってもあのまったりした雰囲気がいいよ。家族連れと子供がやたらと多くて、なんかピクニック的気分で来てる人ばっかりで、雨降る前なんか、客ほとんどライヴなんか見ていなくてさあ、弁当とか広げて内輪で盛り上がってるんだよね。なんかいいなあと思ったよ。そういうのってフェスの楽しみ方の本質っていうか、こういうガツガツしないフェスがあってもいいんじゃないかなあって思いましたね。

 主催者は盛んに来年もやるぞって言っていたけど、できれば来年も行きたいですね。今度はちゃんと晴れた日に丸一日楽しみたいです。
posted by デンスケ at 00:11| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。