2005年08月25日

iTMSその後

 iTMS、最初はやっとスタートしたっていうんで喜んでいたんですが、やっぱ参入メーカーがこれだけ少ないとラインナップがどうにも脆弱ですよね。検索かけても見つからない人ってやたらと多いし、その一方でクリスタルキングとかチャゲ&飛鳥とかどうでもいいのが入ってきたりして、もうちょっとなんとかならんのでしょうかね。ソニーも意地張ってないで参入すりゃいいのにね。あーでも、いつぞやの50円騒ぎはおもしろかったですね。おれもミクシィのコミュで見てすぐ行ってみたけど、もう買えませんでした。

 そもそもですね、アルバム1枚1500円というのはなかなかビミョーな値段だと思うんですね。日本人アーティストのCDと比べてみれば半額だけど、輸入盤でアマゾンなら1600〜1800円くらいで買えるから、そんなにお得感はないですよね。そうなるとちゃんとジャケも付いてて商品化したものの方がいいよなあってなって、差額払ってでも結局アマゾンで買っちゃう。やっぱ配信はジャケついていないのがなんともね。iTMSって、表ジャケだけじゃなくて中身も全部デジタル・データ化するってわけにいかんのかな。そうすればずいぶん違うと思うんだけど。そんなんで、オープン当初に「とりあえず」的に買ったビョーク以来、アルバム単位では全然買ってません。

 でも、さっきストア内をチンタラ見ていたら、iMixで80年代ヒット曲集を作ってる人がいまして、うわー懐かしい曲ばっかりだ、聴きてーってなって。1曲150円と思うと気楽に買えるもんでね、次々に「購入」クリックしちまって、結局8曲買っちまいました。ヒット曲だとアルバムじゃなくてもいいし、こういう買い方は無駄がなくていいなあと思いましたね。こうゆうところって配信の利点ですよね。つうわけで、その時買った曲を列挙してみます。

悲しきサルタン/ダイアー・ストレイツ、情熱物語/ドナ・サマー、ステッピン・アウト/ジョー・ジャクソン、ユー・キャント・ゲット・ホワッツ・ユー・ウォント/ジョー・ジャクソン、ハイパーアクティヴ!/トーマス・ドルビー、彼女はサイエンス/トーマス・ドルビー、マニアック/マイケル・センベロ、リドル/ニック・カーショウ

 ひえー、いやもう好きだった曲ばっかりで、懐かしすぎて泣きそうです。トーマス・ドルビーかっちょいー。マイケル・センベロショボすぎー。あー、やっぱ80年代洋楽っていいわー。おれ01年にマガジンで80年代特集やった頃、こうゆう80年代ベスト作りにハマったことがあって、でもそれパソコンのクラッシュで全部パーにしちゃったんで、また作りたくなってしまいました。こんな懐古的なことやってていいんかって気もしますが、まあヒソカな楽しみってことで、いいじゃんってことで。
posted by デンスケ at 03:39| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。