2005年08月21日

カリブー、フォー・テット

 ラフォーレミュージアム六本木で、フォー・テット、カリブー(旧マニトバ)、ムーギーソンのエレクトロニカ・イヴェント。

 寝過ごしたので最初のムーギーソンは見られず。最後のフォー・テットも期待していたほどではなくなんか凡庸でイマイチ。しかし、真ん中のカリブーが素晴らしかったのでした。ダン・スナイスとゆう人のソロ・ユニットなんだけど、ライヴでは本人(鍵盤)にギター、ドラムスの3人編成で、電子音も少なくかなりフィジカル。なんとゆうか、ノイ!+レッド・クレイオラ+アニマル・コレクティヴってな感じでしょうか。ハンマー・ビートのフリーな曲が多かったけど、でもやおらヒステリックなノイズ大会になったりとか、かと思うとやたらとスウィートなかわいらしい曲があったりとかして、いやもうおもしろすぎ。演奏自体もずいぶんアグレッシヴでガシガシぶつかってたのも良かったし、ツボ突きまくりです。

 で、すべての曲にVJ(つうか曲とシンクロしてたからPVですね)が付くんだけど、これがまためちゃくちゃいい。ほとんどがアニメもしくはイラストの子供向けみたいなファンタジックな内容で、エゴン・シーレみたいなのとかリキテンシュタインっぽいのとか、色遣いも鮮やかでほとんどポップ・アート的なのが次々に出てくる。それがいちいちかわいらしくて、完成度も高くて、お見事でした。レモン・ジェリーとかヘクスタティックとか、全然メじゃないですよ。ここ最近見たライヴ映像の中では群を抜いて良かった。PV集とか出さないのかな。

 なんとなく見に行ったイヴェントだったし、しいていえばお目当てはフォー・テットとムーギーソンで、このカリブーというのは全然知らなかったんですが。や、こういう意外な収穫というのはすごくいい気分ですよ。こういうのがあるからやっぱライヴはおもしろい。帰りにCD買っていきました。
posted by デンスケ at 03:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。