2005年07月25日

山本精一〜坂本龍一

 24日、午後1時から山本精一に電話取材。羅針盤の新作について。思えばこの人大阪在住なのに、これまでの取材はすべて対面で、電話で取材したのは初めて。起きてすぐみたいだったんだけど、質問を始めたらしっかり答えてくれて、これまでと同じ感じで話ができた。脱線しまくるとか、ツボに入るとすごい勢いでしゃべるとか、やっぱこの人の話はめちゃめちゃおもしろいです。


 夜はゼップ東京で坂本龍一のライヴ。友達に誘われてなんとなく見に行ったんだけど、思ったより楽しめました。YMO以降の代表曲を、今のエレクトロニカ・モードで再構築した感じのアプローチが中心で、ざらついた電子音を多用しているあたりはありがちだったけど、生楽器の構築というところも強調して、バランス取ってる感じ。『B-2 UNIT』から3曲もやってて、「ライオット・イン・ラゴス」なんてちょっとグッときたし。まあ、坂本特有のインテリ臭さというかスノッブ臭さが鼻につくところもあったけど、それも極力抑え気味で、そんなに気にならなかった。

 小山田はスケッチ・ショウといい坂本といい、この世代の人からやたらと好かれているけど、彼がいるだけでいろんな意味での「今っぽさ」が出るからなんでしょうね。音もそうだけど、やっぱ見た目が全然違ってくると思うし。そう思うとマスコット的な存在という気もしますが。
posted by デンスケ at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。